川湯温泉「お宿 欣喜湯」とは

お宿 欣喜湯(きんきゆ・旧川湯ホテルプラザ)がある川湯温泉は、屈斜路湖と摩周湖の間にある北海道東部の名湯です。周辺の自然環境に溶け込み遠くまで来たという旅情を感じる、ひっそりとした風情が魅力の温泉地です。

中心部にある共同浴場でも、湯の良さは十分に分かります。しかし、川湯温泉の湯は本当に素晴らしいので、どの宿でも良質な酸性泉を満喫出来るのです。宿によって源泉が異なり、お湯を比較する楽しみもあります。

ガイドのお気に入りは、「お宿 欣喜湯」。湯の良さはもちろん、料理や客室など、宿としても、温泉好きとして満足出来るもの。愛用の宿になると確信する、お宿 欣喜湯を紹介します!

川湯温泉「お宿 欣喜湯」は感動的な泉質!素晴らしい大浴場

川湯ホテルプラザ
高温、中温、低温。三つの湯船に温度別に揃った酸性泉の名湯。温泉充実の大浴場の風情は、見ているだけで温泉好きの気分を高揚させてくれる。

川湯ホテルプラザ
浴槽には飲泉場も完備。猛烈に酸っぱい、レモンのような柑橘系の果実を思わせる湯で、味覚でも名湯を実感出来る。
川湯温泉「お宿 欣喜湯」には露天風呂がありません。しかし、内湯の大浴場に湯船が多数あり、三種類の湯の温度が用意されています。

高温、中温、低温とありますが、温泉好きであれば、高温にチャレンジして欲しいと思います。湯治場に多い、猛烈に熱い湯ですが、これこそが川湯温泉「お宿 欣喜湯」の最大の価値だと思っています。

高温の湯船とともに気に入っているのが、飲泉場です。大変に酸っぱい、酸性泉を味わうことが出来ます。少しも薬品臭くなく本当にレモンのような、柑橘系の果実を思わせる猛烈に酸っぱい湯で、味覚でも名湯を実感出来ます!
夜の大浴場。本当に素晴らしい湯は、昼も夜も、常に素晴らしい。これぞ本物の温泉。

夜の大浴場。本当に素晴らしい湯は、昼も夜も、常に素晴らしい。これぞ本物の温泉。


川湯ホテルプラザ
巨大な大浴場は上下二段式。脱衣場から入ると、真湯と中温浴槽と、洗い場がある。下に降りると洗い場はなく、高温、中温、低温の三つの湯船のみ。温泉だけに集中出来る環境が、温泉好きには嬉しい。
酸性泉の温泉は本来刺激的ですが、温度と味覚という2つの刺激も合わせて体験する事で、一層忘れられない名湯になっています。「お宿 欣喜湯」の大浴場では、川湯温泉の名湯を存分に堪能出来ます。

なお真湯も用意されているので皮膚の弱い方や、酸性泉がヒゲ剃り痕や虫刺され箇所に染みて困るような場合でも大丈夫です。

→次ページでは、夕食と客室を紹介します!>>>