信長・秀吉・家康のふるさと・愛知県
戦国時代の名所・旧跡もあちこちに

名古屋で今、最も熱い観光トレンドが「武将観光」。当サイトでも、年頭のガイド記事「2009・名古屋の観光トレンドBEST3」で1位に挙げて猛プッシュしています。
説明
右から信長・秀吉・家康の三英傑。写真は名古屋城天守閣内に展示の肖像画

武将観光とは、愛知県が数年前から推奨している“戦国武将ゆかりの地を巡る愛知観光”のこと。あまり知られていない、というか地元の人もほとんど意識していないのですが、名古屋を中心とする愛知県は、サムライ文化のふるさととも言うべき土地。何たって、織田信長・豊臣秀吉・徳川家康、天下を盗った三大武将はこの地の出身。さらに、江戸時代の殿様の何と7割は愛知県をルーツとする大名! さらにさらに、日本の城の大半は愛知県ゆかりの大名が築いたのです!! つまり、日本史を語る上で、さらには戦国~江戸時代を語る上で、愛知を素通りすることはできないのです。

説明
県内では武将ゆかりの祭りも多い。写真は設楽町で夏に開催の「設楽原決戦場まつり」
当然、県内各所には、歴史の舞台となった名所・旧跡がそこかしこに残っています。こうしたスポットを巡り、歴史に対する興味をさらに深めてもらい、ひいては愛知県に関する関心ももっと高めてもらいたい、そんな思いで推進されているのが武将観光というワケなんです。


今回、筆者は県観光協会推奨のモデルコースを周遊。かなり盛りだくさんで駆け足気味のプランですが、1日にどれだけ回れるかの目安になるハズなのでどうぞご参考に。

【目的地1 ~ 四間道・五条橋】

名古屋駅から地下鉄でひと駅の古い町並
散策スポットとしても人気上昇中

説明
古い蔵が並ぶ四間道
名古屋駅からほど近いポイントが四間道(しけみち)周辺。古い蔵や小路が残り、江戸情緒漂う町並が、高層ビルが並び立つ名古屋の玄関口のほんの近くで守られていることに、まず驚きます。



町並の中には、ここ数年古い町屋を活かしたカフェやショップが急増中。アーケードがレトロな雰囲気を醸し出す円頓寺(えんどうじ)商店街にもつながっていて、町歩きを楽しむにもぴったりのエリアです。

小さな橋に残された
城下町大移動“清洲越え”の名残り

説明
堀川に架かる五条橋
さて、ここでの武将観光的目線のチェックポイントは五条橋。四間道と円頓寺商店街がちょうど交差する場所に架かっている、コンクリートの小さな橋です。

実は五条橋は、もともとここから6kmほど離れた場所にある清洲城の前を流れる五条川に架かっていたもの。家康は全国統治のシンボルとして名古屋城を築城し、それまでの尾張の拠点だった清洲城から、城下町を丸ごと那古野(なごや)の地へ引っ越しました。これが世に言う「清洲越し(きよすごし)」です。この町ぐるみの大移動にともない、橋の名前までもが新天地に移されたことを、この小さな橋が今に伝えているのです。

説明
四間町界隈の古い民家の軒には屋根神様があちこちで見られる
昭和12年に木製からコンクリート製に架け替えられ、その際に橋の欄干から取り外された慶長7年作の擬宝珠(ぎぼし)は、現在名古屋城にて展示されています。首都移転の大事業だった清洲越しの痕跡を、古い町並と名古屋城とで見比べてみると、往時の町の姿が思い浮かべられるんじゃないでしょうか。



□ 五条橋
・ 場所:名古屋市西区那古野1丁目
・ アクセス:地下鉄国際センター駅より徒歩8分
・ Yahoo地図情報

□ 1ページ・・・「四間道・五条橋」
□ 2ページ・・・「名古屋城」&「清洲城」
□ 3ページ・・・「中村公園」&「桶狭間古戦場跡」
□ 4ページ・・・「徳川美術館」&各種コース