塾の合格実績数を見る上でのポイント

塾が公表する中学入試合格者実績数は単純比較できない。数字だけの比較では大手塾が有利になる
お子さんを通わせる塾を選ぶ場合、志望中学の塾合格実績を重視するのはごく自然の考え。しかし、塾が実際に合格実績として公表する数字は、通塾を考えているエリアの教室(校)ごとの数字ではなく、塾全体の合格者数となるので注意が必要です。もちろん、合格者数の多寡は塾を選択する上で重要な基準であることは言うまでもありません。

当然その場合、大手塾が有利になることは必至。だからこそ、特に大手塾を検討する場合、各教室(校)ごとの合格者数や合格率(=合格者数÷受験者数、もしくは小学6年生の在籍者数。以下、省略)を見ることが重要になり、検討しているエリアの塾各教室(校)に直接問い合わせをしてみてください。一方、比較的小規模な塾でも志望校、有名難関中学の合格率が高い塾もあるので、大手塾の教室(校)との比較の上検討するのがいいでしょう。

加えて、1人の児童が複数の中学に合格することが当然あり得ます。この場合、塾が発表する合格実績数は、全て合算した延べ人数となるので、その点も考慮にした塾選びをお薦めします。今年2008年2月1日に行われた男女御三家(開成・麻布・武蔵、桜蔭、女子学院、雙葉)は併願が物理的に不可能なので、ここの数字だけは横並びで比較することはできます。

合格した児童の塾の滞在期間についても様々です。例えば、夏期講習だけを受講するなど、少しでも滞在(通塾)すれば、合格実績として公表する塾もありますので、その辺りも確認してください。

以下に塾の合格実績数を見る上でのポイント・注意点をおさらいし、まとめました。

1.基本、合格実績数は塾全体の数字である(当然、大手塾が有利)
2.大手塾の場合、各教室(校)毎の合格実績数を把握すべき
3.合格率(=合格者数÷受験者数もしくは小学6年生の在籍者数)も見る
4.塾の合格実績数は延べ人数で公表している(1人の児童が複数校合格している場合も多い)
5.塾の滞在期間は様々だが、少しの滞在でも合格実績として公表することもある

上記の5点も考慮に次ページは2008年度入試塾別合格実績速報(2008年2月26日現在)男子難関中学編の筑波大学附属駒場、開成、麻布、武蔵を見てください。