窓のエコ掃除

まず、スプレーボトルに水道水を入れます。

水道水でも全然OKですが、もし気の抜けた炭酸水(もちろん糖分が入っていないもの)があれば、炭酸水もGOODです。ガイド宅はあるときは炭酸水を使っています。

スプレーボトルの水を窓に吹きかけます。

吹き掛けてすぐに、古新聞を丸めたもので擦ります。

古新聞は他の紙と違ってコーティングされていず、インクの油分に艶出し効果があるため窓を綺麗にしてくれます。
手の届かないところや外側は、お掃除ワイパーに薄手のぞうきんなどを挟んで、その上から覆うようにクシャクシャにした古新聞を巻いて、窓を擦ると綺麗になりますよ!

網戸のエコ掃除

まず、網戸の内側(部屋側)に古新聞をあて、掃除機で土ホコリなどを吸い取ります。

掃除機で吸い取らずにブラシなどで擦ると、こびりついたゴミがボロボロ落ちて片付けが大変なので注意!
古新聞をあてたまま、重曹スプレーを吹きかけ、柔らかめのブラシで優しく擦ります。

ブラシがないときは、古ハブラシでもOK。かなり放置した網戸だと、真っ黒になるので服などに付かないように注意してください。


次のページで、汚れの溜まりやすい窓ワクのエコ掃除をご紹介します。次のページ