リアルファーはブラッシングで対策!強くすると毛が抜けるので要注意

ファー、フェイクファーの毛が抜ける…対策は?ファーのお手入れ方法

お手入れをしておけば買ったときの艶やかな毛並みがキープできます


リアルファーの日ごろのお手入れはブラッシングが基本です。リアルファーは振ってホコリを払った後、毛足に沿って軽くブラッシングします。

汚れをしっかり落としたいときは、まず毛足に逆らうようにブラッシングして汚れをかき出し、次に毛並みに沿って仕上げのブラッシングを。あまり強くブラッシングすると傷みや脱毛のもとですのでムリせずやさしくやってあげましょう。

汚れが気になるとき、自宅で洗えるかについては判断が難しいのでクリーニング専門店に依頼した方が無難です。

収納は、リアルファーが苦手とする「湿気」「高温」「紫外線」「他のものと擦れ合うこと」を避けて。具体的には、汗など湿気をしっかり乾かしてから収納すること。また、箱に入れてしまうよりはハンガーに(毛の流れが乱れないように)掛け、不織布などでカバーをするのがベター。クローゼット等収納場所には除湿剤を入れておくようにしましょう。

 

フェイクファーは振って叩いて脱毛ホコリ対策を!洗濯もOKです!

フェイクファーはリーズナブルなのにリアルファー風な風合いが楽しめてよいのですが、リアルファーよりも繊細なのが弱点です。リアルファーのようにブラッシングをすると毛が抜けてしまいがちなので、ブラシ等は使わず手で持ってフリフリと振ったり軽くたたいて埃や汚れを落とします。

汚れが気になるとき、毛足の短いものなら自宅で洗ってOKです。洗濯絵表示を確認して「水洗いOK」マークがあれば自宅で洗ってみましょう。毛足が15cm以上あるようなタイプは、洗うことで毛がちりちりになるなどトラブルがあることもあるので、自宅で洗わない方が無難です。

フェイクファーはアクリル製のものが多いようです。洗い方は、ぬるま湯に中性洗剤(エマールやアクロンなど)を溶いてそこへ浸けおき、両端を手で持ってフリフリと振り洗いをし、タオルで包んで水気を吸いとり(擦らないように)、手で毛並みを整えてハンガーなどに掛けて陰干しします。高温で傷むのでドライヤーはおすすめしません。

乾いた時に毛が固まっているようであれば、手やタオルでやさしくほぐして整えます。収納はハンガーにかけ、不織布などでカバーをしてクローゼットなどに保管します。箱や引き出しで保管しておくと毛が寝て(倒れて)しまうこともあるので「掛けて収納」がおすすめです。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。