東京でナンバー1の知名度を持つと言っても過言ではない東京タワー。1958年にオープン後、首都圏の広い範囲にテレビやラジオの電波を送信すると共に、東京の観光名所として君臨してきました。その東京タワーが2008年12月23日にめでたく開業50周年を迎えます。

今回は、東京の風景として欠かせない東京タワーを美しく眺められるガイドお勧めの名所を厳選してご紹介します。気温が下がって空気が澄んでくる冬の季節は、日中だけでなく夜に繰り広げられるライトアップでも美しい姿を見せてくれるんですよ。

東京タワーのプロフィール

東京タワーを眺める(1)/赤羽橋付近より
間近から見上げる東京タワー。高さ333メートルのタワーは2008年に開業50周年を迎えます(2001年4月撮影)
東京タワーを美しく眺められる名所を紹介する前に、まずは東京タワーのプロフィールについて簡単に確認しておきましょう。

東京タワーを眺める(2)/六本木ヒルズより
六本木ヒルズから眺める東京タワー。地上デジタル放送用の施設が追加され、少し雰囲気が変わりました(2005年12月撮影)
東京タワーYahoo! 地図情報)には「日本電波塔」という正式名称があります。東京にあるテレビ局とラジオ局の電波を関東一円に送信するための施設として作られました。

着工から1年3ヶ月というとても短い期間で1958年(昭和33年)12月23日に開業し、以来東京のシンボルの一つとして多くの人々に親しまれています。

塔の高さは333メートルあり、パリのエッフェル塔(324メートル)よりもちょっとだけ高いです。超高層ビルで一番高い横浜のランドマークタワーが296メートルであり、2008年現在、東京タワーは日本国内で一番背の高い構造物という訳ですね。

東京タワー・大展望台からの眺め(1)/お台場方面
東京タワー・大展望台から、お台場・レインボーブリッジ方向を眺めます(2001年4月撮影)
現在、東京タワーには大展望台と特別展望台の2つの展望台が設けられています。入場券を買ってまず上れるのが高さ150メートルの所にある大展望台。外から見るとちょうど腰の位置にある四角い部分にあたります。

大展望台は2階と1階に分かれていて、それぞれ東西南北に東京の風景を楽しむことができます。南東方向に目を向ければ、お台場とレインボーブリッジをはっきりと見ることが可能。日中はもちろん、夜景の時は美しい夜景が楽しめる人気のポイントなので、人が途切れることはありません。

東京タワー・大展望台からの眺め(2)/新宿・六本木方面
東京タワー・大展望台から、新宿の高層ビル群を眺めます(2001年4月撮影)
また北西方向は、新宿の高層ビル群と六本木方面を望めます。さらに西方向は見通しが良ければ富士山の雄姿を見ることも可能なので、お天気がいい時はチェックを忘れないようにしましょう。

大展望台で素敵な眺めを堪能したら、特別展望台にも足を伸ばしてみて下さい。別途有料となりますが、大展望台よりも100メートル上の高さ250メートルから眺める東京の町並みや夜景は、大展望台からとはまた違った印象を受けることでしょう。