スタイリッシュな外観と機能的なお部屋

フロント&ロビー<br>エントランス
坪田氏の作品が随所に展示され、アートな空間を演出している。
地下鉄・堺筋線「北浜」駅1分と交通至便な場所に立地。地上14階建てのホテルは1階部分がすべてガラス張りという開放的な構造。一般に宿泊特化型ホテルといわれるホテルにありがちな無機質な空間ではなく、ロビーの一角に邸宅の居間風のコーナーを設け、温かな家庭的な奮起を演出するほか、随所にアート作品が展示されている。その数、約1000点。

ロビー中央にあるオブジェにはじまり、客室、パブリックトイレの中にまでちりばめられたアート。それも1人の若手作家・坪田昌之氏の作品。個展といえば個展だが、ほぼ永遠にホテルともに展示されるわけだから、作家冥利につきるのではないだろうか。

スーペリアルーム<br>エントランス
限られた空間をデザインにより広く演出。バスルームだってユニットではなく、洗い場付きの都市ホテル並の仕様だ。
客室はスーペリアルームが約20平方メートル、スーペリアツインが約27平方メートル。ベッドは「ドリームジャーニーベッド」というフランスベッドと共同開発したオリジナル。ほどよい硬さが心地よい眠りを誘う。スーペリアルームで幅1600ミリメートルとダブルサイズというのもうれしい。

加えて、このホテルはビジネスマンやビジネスウーマンの快適性をとことん追求しており、いろんな箇所にヘエ、ホウ、ハアという声が出てしまうのである。



レディスルームも完備・・