神社まである総合型のリーガロイヤル

料理会場
有名料亭の料理も並ぶ新春の料理会場は家族連れをメインに多くに人々がホテルに味に舌鼓をうつ。
関西地区でお正月イベントが充実しているのはやはり「リーガロイヤルホテル大阪」。大阪・中之島にある客室数約1000室の老舗の巨大ホテル。規模が大きい分、集まるお客も多く、その充実度は高いものです。

年末から盛り上がるお正月ムード。1日なると一斉に「あけましておめでとう」と、宴会場に巨大お祭り広場が出現。その入り口の前には神社が設けられています。その名も「ロイヤル神社」。利用客はまずそこで初詣をし、そして新春の祝いの宴に入っていくのであります。


有名料理店の屋台にテイクアウトのおせちまで

おせち
グルメブティック「メリッサ」ではおせち料理も用意されている。(写真はイメージ)
おまつり広場では「ロイヤルグルメ紀行」と題し、餅つきや鏡開きをはじめ、ホテルの味を楽しめる屋台などが出ます。もちろんホテルのテナントである有名料理店の屋台もあり、日頃なかなか利用できないお店の味を手軽に味わえますよ。これらは金券(1リーガ=200円)を購入して利用する仕組みになっています。

また1月1日と2日に限り、老舗料亭「吉兆」の新春懐石料理をフレンチ料理「シャンボール」の別室で味わうという珍しい企画を実施。シャンボールは最高級のフレンチ料理レストランで、タワーウィング28階にあり、眺望の良さは言うまでもありません。

市内を一望しながら最高の日本料理を味わう。なんとも贅沢ではありませんか。料金は大人1万7325円(税サ込み)、子供5775円(同)。予約制なので利用の際は気をつけて。

このほか、年越しそばはルームサービスで提供し、おせち料理はホテイチで知られるグルメブティック「メリッサ」でも販売。宴会場でのブッフェもいいし、各レストランで提供している新春特別料理を楽しんでもいいし、テイクアウトで部屋でゆっくりとお正月気分を楽しんでもいいかもしれません。

次は「初詣クルーズを楽しもう!!」です。