大阪産業観光ツアー第3弾!は大阪ベイエリア!

今回のクルージングの出航場所のATCこと「アジア太平洋トレードセンター」です。レストランやショップなどの複合商業施設です。
大阪商工会議所主催「大人にも社会見学のときめきを!大阪産業観光ツアー」の第3弾はベイエリアコースです。大阪市広報船の「夢咲」に乗って、大阪港を遊覧しました。それではさっそくレポートをどうぞ!

【関連リンク】
大人の社会見学!大阪ガス・読売新聞!
大人の社会見学2!大阪の地ワイン
大人の社会見学4!堺・自転車博物館
大人の社会見学5!天満・まほうびん記念館

大阪市広報船「夢咲」

大阪市広報船「夢咲」です。スクエアでかっこいいクルーザーです。
今回ガイドが乗船した「夢咲」は、日夜、発展し続ける大阪港を海側から眺めて見学しよう…という大阪市の広報船で、普段の乗船場所は天保山西岸壁ですが、今回はATCコスモスクエアから出発。

夢咲の船内です。驚くほど広いという印象ですが、中央には会議用の長テーブルが。ただ単にクルージングするのではなくて、視察するためのクルーズというのがよくわかります。
全長34.2メートルの双胴型船ですが、中に入ってみると吹き抜けがあって、意外にも開放感に満ち溢れた空間。左右にはシート席が7列並んでいますが、中央に20人架けの長テーブルや大型モニターなどがあって、普通のクルージングとはずいぶんと変わった作りです。

「わたしたちの大阪港」。夢咲のパンフです。子供用で、大きな文字に漢字にはルビをふってます。読みやすくてわかりやすいこと、この上ないです。
なんでもここは「会議室」だそうで、クルージングだけではなく、関係者の港湾施設の視察などにも使われるため、こういった作りになっているのだとか。船の案内の冊子などを見ながらリクライニングシートに座っていると、エンジン音が上昇して、いよいよクルージング・スタート!