華麗なお城や厳かな教会の中で、美しい音色に耳を傾ける……。数々の有名な作曲家を生んだクラシック音楽の本場ドイツで、こんな素敵なひと時を過ごしてみませんか?

歴史的建築物の中で聴くクラシックコンサート

カイザーザール(レジデンツ)
ミュンヘンのレジデンツ内にある「カイザーザール」という名のホール。こんな豪華なホールでクラシックの演奏を聴いたらうっとりしてしまいますね

ドイツでは毎日各地で多くのコンサートが開かれていて、クラシックがとても身近にあると感じます。大きなコンサートホールで一流オーケストラの演奏を聴くというのはもちろん素晴らしい体験ですが、お城や教会など歴史的建築物の中で聴くコンサートは、まさに本場でしか味わえないもの。素晴らしい装飾がなされた建物の内装を見るだけでも十分価値がある空間で、美しい音楽の生演奏まで聴けたらこんなに贅沢なことはありません。

ニュンフェンブルク城
ニュンフェンブルク城(ミュンヘン)では夏の音楽祭の他、多くのクラシックコンサートを開催
耳だけでなく目でも楽しむことができるお城や教会でのコンサートは、クラシックファンだけでなく、音楽はあまり詳しくないという方にもオススメです。

昔の貴族が祝宴を行っていた華麗なホールで、バッハのしっとりとした旋律や、モーツァルトの軽やかなメロディに耳を傾ける。何百年も前から人々が祈りを捧げてきた教会で、パイプオルガンやバイオリンの美しい音色が響き渡る空間に包まれる。体全体が、音楽とその場の透き通った空気を吸収していくような感覚で、本当に心地よいひと時です。


親しみやすいプログラム

ミュンヘンの教会
聖アンナ教会(ミュンヘン)でもコンサートが行われます
このようなコンサートは年間を通して行われていますが、特に各オーケストラの定期公演が休みになる夏の間、開催数が一気に増えます。また11月下旬から12月にかけては、クリスマスコンサートもお城や教会でよく開かれています。

形式はたいてい数人で演奏する室内アンサンブルで、客席数も少なめなので、こぢんまりとした雰囲気。プログラムは親しみやすいものが多く、どこかで聞いたことのあるメロディ!ということがけっこうあると思います。モーツァルトの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」や、ヴィヴァルディの「四季」、バッハの「ブランデンブルク協奏曲」などは、このようなコンサートで好んで取り上げられる曲目。知っているメロディだと、演奏を聴くのも一段と楽しくなりますね。

次のページでは、コンサートが開催されているお城や教会を、ドイツ各地からピックアップしてご紹介します!