ドイツ旅行の中で目にするドイツ人の日常風景。日本人の私たちにはけっこうビックリしてしまうことがあります。ここではそのいくつかをご紹介します。

鼻をすするのは恥ずかしい行為です。

いきなりあまりきれいな話でなくて恐縮ですが、日本では他の人と一緒にいるときに鼻水が出てきたら、かまずにすすりますよね。でもドイツでは鼻をすするのはNG! ちょっとでもすすろうものなら、すかさず「ティッシュいる?」と聞かれます。ガイドのある日本人の知人は図書館で鼻をすすっていたとき、隣りに座っていた見知らぬドイツ人学生にティッシュをすっと差し出されたそうです(笑)。鼻をすする音はドイツ人にとって非常に不快なもの。あまり人前でやらないように気をつけましょう。

ドイツのポケットティッシュ
紙ナフキンのように厚いドイツのポケットティッシュ。かなり固いので、風邪気味の人やアレルギー持ちの人は日本の柔らかいポケットティッシュを持っていくことをオススメします。慣れると使い心地いいのですが、慣れていないと鼻が荒れます。
ドイツ人はいつもポケットティッシュを携帯していて、鼻がむずむずしたら地下鉄の中だろうがカフェだろうが、所構わず思いっきりかみます。「びーっっっ」っとかなり大きな音で豪快に。鼻をかんでどうしたらそういう音が出るんだろう??と、日本人にはとっても不思議な響きなのですが、みんなそういう音を出せるみたいです。家の中にいても、同じアパートのどこかの住人が「びーっ」とやっている音が聞こえてきたりするんですよ。

そしてさらに日本人にとってびっくりなのは、豪快に鼻をかんだ後のティッシュをぐしゃぐしゃに丸めて、ズボンなどのポケットに入れること。捨てないんです。ドイツのポケットティッシュは紙ナフキンのように厚くしっかりしていて、1回鼻をかんだくらいではダメになりません。なので、次に鼻をかむときは、その丸まったティッシュをポケットから取り出し広げて使うのです。初めは「うわぁ……真似できない……」と思っていましたが、確かに1回使っただけで捨てるにはもったいない厚さ(笑)。ドイツ生活が長い日本人は、いつからかドイツ人のように人前で鼻をかみ、ティッシュを繰り返し使うようになります。

洗い物のとき洗剤の泡はそのまま乾かします。

ビアグラス
ドイツで毎日大量に使用されるビアグラスの洗い方は……
カフェやバーのカウンターで、グラスを洗っている様子を見られることがあります。小さなシンクが2つ並んでいて、一方には洗剤で泡立った水の中にブラシが2つ上に向かって立っています。もう一方には普通の水が張ってあります。グラスを2つ同時にブラシにかぶせ、何度か上下にシャカシャカやリ、隣りに張ってある水に1回ジャポンとつけてすぐに取り出し終了。シンクの隣りにふせてあるグラスには、泡がつたっているのが見えます。この洗い方を初めて見たときは、かなりの衝撃でした。

ドイツでは、洗い物の泡を流水ですすぐということはしません。一般家庭では食器洗浄器がかなり普及していますが、ない家ももちろんあります。ない場合は、洗剤水ときれいな水をそれぞれ2つのシンクに張って、上の「ジャポン形式」で洗うか(「きれいな水」と言っても、すぐに泡で濁ってくるのですが……)、きれいな方の水につける「ジャポン」ステップを省いて、泡だらけのままふせる、という洗い方をします。本当に泡泡した状態なのですが、それをそのまま乾燥させるか、すぐにふきんで拭き取ってしまいます。

日本では絶対にあり得ない洗い方ですよね。「これって体に害はないの?」と、ドイツ人に何度か聞いたことがありますが、「ない」そうです。洗剤は体内に入っても毒ではない成分でできているから、と。ドイツの人もみんな健康に長生きしてますから、これは本当なのでしょう。旅行中、カフェなどで泡の残っているグラスがふせてあるのを見ても、このカフェは洗い方が雑!とは思わないでくださいね。どこもそうですから。

電車には犬も乗れます。

乗車券案内
市内交通の乗車券案内。ちゃんと犬のマークがあり、同乗OKとの表示が
犬が好きなドイツ人。大型犬でも室内で飼い、電車で出かけるときも一緒に連れて行きます。そう、ドイツでは犬も電車に乗ることができるんです。お店にも犬を連れて入ってもOKのところがけっこうあります。電車の乗車券の案内には、「同乗・持ち込み可能なもの」の項目に、子供、ベビーカーと並んで「犬1匹」ときちんと書いてあったりします。犬の苦手な人は、電車の中に大きな犬がいて(ドイツ人は大型犬が好き)びっくりするかもしれませんが、ドイツの犬はたいてい厳しくしつけがされていてめったに吠えたりしませんし、きちんとおとなしく座っているので大丈夫です。

場所が変われば習慣もずいぶん違ってくるもの。そんな違いを体験するのも海外旅行の面白いところです。ドイツでいろんな発見をして楽しんでくださいね!

【関連リンク】
  • 基本情報(気候/時差/通貨)
  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
    ※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。