リーズナブルなパタヤで悠々ゴルフ・ライフ

デュシタニ
夕暮れのビーチを望むバーが自慢のデュシットD2バラクーダ・パタヤ
バンコクから車で約2時間、ビーチリゾートで知られるパタヤ Pattaya はバンコクからの日帰りも可能な、タイきってのバカンス地です。もとはベトナム戦争時、米兵の保養地として発展を遂げた地だけに、猥雑なイメージがぬぐえませんが、近年はラグジュアリーホテルが進出するなど、その変容ぶりから、家族連れや熟年夫婦も多く訪れるようになりました。

St.アンドリュース2000
レディスティでも625ヤードのSt.アンドリュース2000
パタヤ周辺には洗練されたゴルフ場が数多く、バンコクよりもフィーが安いことから注目されています。休日でも予約がとりやすく、併設する宿泊施設も割安なのが特徴。池やバンカーのレイアウトに特色があり全長910ヤード・パー6のロングコースを備える「セント・アンドリュース2000」や、ジャック・ニクラウス設計の「レムチャバン国際カントリークラブ」、日本人スタッフが常駐する「バンプラ国際ゴルフクラブ」などが代表的です。

パタヤ
ナイトライフも充実する大衆リゾート・パタヤ
パタヤのナイトライフは特に充実しており、ホテルが建ち並ぶ海岸沿いの中心街には格安のマッサージ店やコンビニ、ローカルレストランがひしめいています。「ブルータクシー」と呼ばれる青色の乗合ソンテウを利用しての移動がおすすめ。ひとり20~30バーツ(日本円にして60~90円)が相場。リーズナブルにゴルフ・ライフを送れるのがパタヤの特徴です。