バンコク滞在はゴルフレンジ併設のホテルに

レブア
バンコク最高峰のレストランを擁するザ・ドームとキッチン付き高級ホテルレブア・アット・ステイト・タワー
バンコク市内のホテルにロングステイをする日本人が近ごろ増えています。サービスアパートメントのようなキッチン付きの施設ばかりでなく、ホテルに長期で逗留するひとも珍しくありません。

あえてホテルを選ぶのには、いくつかの理由があります。屋台文化が発達し、レストランにもこと欠かないバンコクでは、あえてホテル暮らしを選択することで、滞在の楽しみも倍増。まとまった週数を契約するには、予めディスカウント料金を交渉のうえ、前払いするのが通例です。

スワンナプーム国際空港
空の玄関口がある都市にロングステイを望むステイヤーが多い
首都圏とはいえ、中心部から車で30分~1時間圏内に50ヵ所近いコースがあるのもバンコク・ステイの魅力。普段の暮らしで市内を移動するには、BTSスカイトレインや地下鉄が便利です。さらに、タクシー利用のゴルフなら、プレイ後の飲酒も思う存分なので、安心できます。
近ごろでは、地方都市での滞在を経験後、バンコク回帰するロングステイヤーを、ちらほら見受けるようになりました。空の玄関口に、ほど近いロケーションは、長期滞在をするうえで安心感を生むのかもしれません。

ゴルフレンジ
デュシタニ・バンコクの屋上にあるゴルフレンジ
バンコクでゴルフ好きにおすすめの滞在ホテルは、ルンピニー公園近くのデュシュタニ・バンコクです。伝統と格式のあるホテルですが、なんと屋上にゴルフレンジを併設しており、宿泊者には練習ボール1カゴの無料サービス付き。専任のインストラクターに、モニターチェック付きのレッスン(有料)をお願いすることもできます。また、バンコク市民の憩いの場 ルンピニー公園の周囲は、ジョギングロードとしても最適。客室にはロードマップが用意されています。

【関連記事】
タイだから可能!悠々ホテルでロングステイ