ロングステイ人気国タイのなかでも、北部の古都チェンマイに滞在するひとが近ごろ増えています。首都バンコクと比べ物価が低く、しのぎやすい気候が人気の理由。このチェンマイで悠々自適のホテル・ロングステイを楽しむ日本人夫婦を、独占インタビューしました!


留守宅を維持しながら日本と往来する

日本食の店あさひ
タイ料理のローカルレストランもよいけれど時々は日本食レストランも
タイには滞在許可期間1年(更新可)の
退職者査証制度
がありますが、財政条件も伴うことから、観光ビザの範囲内で滞在して、日本と往き来をするステイヤーが多いのが特長です。

ノービザ滞在は30日間までですが、タイ王国大使館に観光ビザを申請・取得することで、さらにまとまった期間の滞在が可能になります。

日本に留守宅を残したままのロングステイは、コストがかかるとの理由から、滞在先の選定に苦慮するひとも多いはず。
今回、ご紹介する日本人夫婦は、一軒家の自宅を2~3ヵ月あけることが多いことから、床下乾燥機をつけるなど、建物が傷まないよう工夫をこらしているそうです。

【海外ロングステイ達人のコツ>その1】
長期の海外ロングステイは、留守宅が傷まないよう工夫が必要

【関連記事】
新生タイランドエリートで特権を手に入れる

>>次のページは、「チェンマイでホテル暮らしをする日本人夫婦ドキュメント」です