リビング独立の本館スイートやリーズナブルな別館がお薦め

ベスト・ウエスタン・シャトー・グランビルは、本館(メイン)と別館(アネックス)とで料金体系が異なります。また、夏と冬とではレートが大きく異なるバンクーバーの場合、選ぶシーズナリティーで、予算にも差が出ます。夏のハイシーズンは、お値段の安い別館や、本館のスーペリアを選ぶなどの工夫が必要です。ちなみに、2008~'09年のパーナイトでの宿泊基本料金(公示ルームチャージ)は、下記の通りです。*公示ルームチャージは、予告なく変更することがあります

BWシャトー・グランビル宿泊基本料金

スイートリビング
本館スイートには寝室とは別にリビングが用意されていてロングステイ向き
【本館(メイン)】1ベッドルーム・スイート(5名定員)を2名利用の場合、夏(5~9月)189カナダドル~、冬(10~4月)119カナダドル~。
・主寝室(ツインベッド)のほかリビングルームがあり、電子レンジとミニ冷蔵庫が標準装備されています。
・3名以上で利用する場合、おひとり1泊につき20カナダドルの追加料金が必要です。

コートヤード・クイーン
コンパクトでお得な別館コートヤード1ベッドルーム
【別館(アネックス)】1ベッドルーム・コートヤード(4名定員)を2名利用の場合、夏139カナダドル~、冬89カナダドル~。
・クイーンサイズのツインベッド仕様。
・電子レンジとミニ冷蔵庫は標準装備されていませんので、7泊以上の場合に限り、無料でリクエスト対応します。予約時に申し出てください。



冬のシーズナリティーとなる3月、バンクーバー市内では、日本より一足早くに桜が開花します。この時期に1ヵ月程度のバンクーバー・ステイをするのであれば、今からレート交渉するのがおすすめです。サービスアパートメントや一般物件のバケーション・レントより、ずっとお得な料金で「ホテル長期ステイ」が実現できるでしょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。