ロングステイ財団が毎年発表する「ロングステイ滞在希望国」調査結果の最新が、このほど発表されました(2006年9月現在)。来たるべき団塊世代の大量定年で、にわかに脚光を浴びる「ロングステイ」というライフスタイルの、最近の傾向を詳しく分析します。


オーストラリアがダントツで第1位

パース・バースウッド
日本が寒い時期をオーストラリアで過ごしたいと考えるひとも多い
移住でも永住でもないライフスタイルといえる「ロングステイ」が、脚光を浴び始めた2000年度以降、ロングステイ滞在希望国調査(ロングステイ財団調べ)で、ダントツ首位を独走しているのが、南半球に位置するオーストラリアです。
最新の調査でもオーストラリアは堂々の第1位と、5年連続の栄冠に輝きました。気候が温暖で、時差が少なく、フレンドリーなオージーの人柄に、人気の理由があるようです。

かつてのリタイアメント・ビザ(サブクラス410)は、すでに廃止となりましたが、完全撤廃ではありません。投資をすることを条件に、リタイアリーの一時居住を許可する投資家リタイアメント・ビザとして制度は継続されています。
ビザの申請状況を国別にみると、イギリス人が圧倒的に多く(3634名)、次いで日本人(423名)、アメリカ人の順(2005年6月末現在)。相変わらずの好景気に沸くオーストラリアだけに、近年の物価上昇が若干気になるところです。
【関連記事】
オーストラリア退職者ビザが新制度に [from All About海外移住]

アジアで一番住みやすいのはマレーシア

2004年以降の調査で、ロングステイ滞在希望国の第2位に躍り出たマレーシア。今年の調査でも順位を下げず、堅調に2位の座をキープしています。

マレーシアが発給する、年齢制限なしの長期滞在ビザマレーシア・マイ・セカンドホーム・プログラム(以下、MMSHP)の日本人取得者数は、426名(2006年5月末現在)。国別取得者数では、世界第8位となっています。
滞在期間を10年に延長するなど、制度内容の改変もあり、生活を営むことを目的に、マレーシアを検討するひとが増えているようです。アジアのロングステイ先として比肩するタイとは異なり、女性からの人気も高いという点が特長です。気になるのは、中国やバングラデシュからのMMSHP取得者数が増加している点。多民族国家だけに、台湾やシンガポール、インド、インドネシア等、アジアの近隣諸国の取得者も目立ちます。また、歴史的背景を反映してか、イギリス人も、大勢のひとが取得しています(885名で、国別取得者数としては世界第3位)。
【関連記事】
変更あり!マレーシア長期滞在ビザ [from All About海外移住]

団塊世代に人気?英仏でロングステイ

欧州のリタイアリーに人気が高いスペインは、日本人ロングステイヤーにとっても憧れの地。言葉の壁に躊躇するひとも多いようですが、ロングステイ滞在希望国の最新調査では第7位と、欧州域内ではトップの人気です。

とはいえ近ごろでは、文化度が高い欧州のなかでも、名所旧跡などの見どころが豊富で、なじみのあるイギリスフランスで、ロングステイをしたいと考えるひとが急増。フランスにおよんでは、バブル期以来のベストテン入りを果たしました。団塊世代は、女性も高学歴なひとの割合が高く、第二外国語として仏語を選択するなど、教養の高さや世代背景が、今回の調査結果に影響しているものと思われます。
【関連記事】
英国式幸福論が誘うイギリスでロングステイ [from All About海外移住]

>>次のページは、最新のロングステイ滞在希望国ランキング発表です。