近ごろ人気のタイムシェア。ハワイのリピーターなら、一度は耳にしたことがあるでしょう。このタイムシェア、新規販売ではなく「リセール」を狙って、他人より安く買う方法を、今回は伝授します。


タイムシェアのリセールって?

ヒルトン・ハーバーサイド
タイムシェアはフランス生まれのアメリカ育ち、れっきとした不動産だ。
フランスで生まれアメリカで発達したタイムシェアの仕組み。
そもそもタイムシェアとは、ひとつの物件を52人で所有する共有持分権システムのこと。なぜ52人かというと、1年間を週換算すると52週あるからで、1週間(7nights)を1単位として販売されている不動産なのです。

タイムシェアは、れっきとした不動産なので、州政府に登記がなされます。もちろん、相続賃貸売買が可能です。
売買が可能ということは、買うひとがいて、また売るひともいる、ということ。とりわけ、リゾート地として成熟しているハワイ州では、長期滞在用の施設も多く、近年ホテルのタイムシェア化が加速。ヒルトンマリオットウェスティンといった大手ホテルチェーン系のタイムシェアが、続々と造成・販売されています。

最多価格帯が300~400万円台と手ごろなこともあり、ここ数年、販売件数が伸びているタイムシェアも、「買ったはよいが利用する時間がない」「利用したい時期はいつも予約がとれない」といった理由から、手放すひとが最近では増えてきました。
市中に売りに出された中古のタイムシェアを、一般に、リセール物件と呼んでいます。

>>次のページは、「リピーター派ならリセールでも十分」です