盗まれても安心、暗号化


バックアップの取得先に持ち運びに便利な携帯型のハードディスクを使う方もいらっしゃるでしょう。そんなときに怖いのが盗難や紛失です。仕事用の大事なエクセルのファイルはもちろん、アウトルックのメールなどの個人情報などバックアップするファイルは情報の宝庫です。

これを守る機能が、バックアップ時の暗号化です。バックアップと同時にデータを暗号化してしまうので、意識せずにデータを守ることが出来ます。この方法でバックアップを行うと、ファイルを開いても意味のわからない文字の羅列にしてしまうことができます。

元に戻す時は復号化という作業を行います。会社の大事なデータのバックアップなどにお勧めしたい方法です。

それではこちらも設定方法を紹介しましょう。既に同じような作業をされているので、だいぶ慣れてきたのではないでしょうか。まず、メニューの設定から、機能表示設定を選びます。

機能表示設定の呼び出し

暗号化にチェックをします。


バックアップの設定から変更作業を行いましょう。


詳細ボタンより、詳細設定画面を呼び出します。


暗号化タブより、以下のように設定を行います。元に戻すには、この設定画面の複合化を選んでバックアップをします。


暗号化されたファイルは意味のわからない文字の羅列となっています。これなら、いざというときに安心ですね。


他にもまだ、紹介しきれない機能があります