その他の便利な機能とは?


前のページまでに紹介したもの以外にも、BunBackupの機能はまだまだあります。最後に駆け足になってしまいますが、その機能を紹介していきます。

・対象ファイル、除外ファイル、除外フォルダの指定

 通常のバックアップはフォルダごとを対象としますが、ファイルごとにバックアップの対象にするかどうかを指定できます。
 またバックアップに指定したフォルダ内のサブフォルダ単位でも指定が可能です。
 
・バックアップの条件の指定

 以下の条件でのバックアップの指定ができます。
  ・新しいファイルのみ
  ・新しい時刻
  ・異なるサイズ
  ・すべて上書きでコピー

・上書き時に警告

 バックアップ先にコピーするファイルと同名のものがある場合、上書きの確認をします。

・圧縮

 バックアップ先に圧縮して保存します。圧縮形式はLZH形式ZIP形式に対応しています。

最後になりますが、便利なソフトがあっても自分自身で設定を行わない限りバックアップはされません。大事なデータが消えてしまう前に、、是非バックアップする習慣を身につけてくださいね。

【関連記事・リンク】

■BunBackupのページ

 こちらは作者であるnagatsuki様のwebサイト内にあるBunBackupのページです。このページを読んでおけばBunBackupの理解度が深まりますよ。

■誰でも簡単バックアップ -BunBackup-

 前回の記事です。BunBackupのインストールと基本的な使い方について紹介しています。

■はじめてのデータ整理
■はじめてのバックアップ

 上記2本の記事は、それぞれデータの整理方法とバックアップの対象について紹介しています。バックアップを行う前に必須の作業なので、こちらもぜひ読んでください。

■Windowsバックアップを使ってみよう

 Windows標準のバックアップツールの使い方の紹介記事です。次回掲載予定の記事と読み比べれば、BunBackupの簡単かつ高機能なことがわかるでしょう。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。