メール
会社のパソコンのメール。ついついプライベートでも使っていませんか?
会社に勤めている方であれば、会社からパソコンを支給されている方が最近はかなり多いと思います。

お客様・取引先とのやりとりや社内のコミュニケーションは会社から与えられたメールアドレスを使ってメールで行うことも多いでしょう。インターネットはビジネスシーンで存在感を飛躍的に増しているといってよいでしょう。

上司が無断でメールをチェックするのは違法?

このような会社のパソコンのメールを使って、ついついプライベートなメールを友達に送ったり、受け取ったりする方も実際は少なくないと思います。奥さんや旦那さん、彼氏や彼女とやりとりする方もいるかもしれませんね。

でも、こういったプライベートなメールが上司にチェックされてしまったらどうしますか?違法だと思いますか?

会社から支給されているパソコンだからしょうがない、という考えもできますが、プライベートなメールを見るなんて違法だ!と思う方もいるかもしれません。

それでは実際はどうなんでしょうか?

会社が支給したパソコンのメールを見るのは原則OK

結論から言うと、上司が会社から支給されたパソコンのメールを見るのは原則OKといえます。

これは会社の就業規則やそのほかの社内規則で、メールの個人的利用を禁止している場合は当然と言えるでしょう。

メールの個人的利用を禁止している場合には、プライベートなメールなどプライバシーに関するようなメールはパソコン内に入っていないはずですし、会社は単に勤務状況をチェックしているに過ぎないからです。