カゴは散らかりにくくて便利

2 スリッパラックは置かない

いつから日本の家屋では、スリッパを履くようになったんでしょう。これも、別になくてもいいんじゃないですか? スリッパラックにきちんとしまうことができない家族がいる場合は、あえて履かなくてもいいんじゃないでしょうか。和室では脱ぐんだし、暑がりの家族は、ダイニングテーブルの下に脱ぎ捨てたりしてるでしょ? 冬場、足が冷える人だけ履いて、重ねてカゴに収納してもいいですね。


3 コート掛けは置かない


きれいに掛けておけるお宅はいいんだけど、そこに何でも掛けちゃう家(虫カゴとか~、ラケットとか~…)だと、すごいことになってることも。
いっそ玄関には置かず、各人のパーソナルスペースの壁などに、一箇所ずつ設置しませんか? お客様用には、ドア裏や壁用のコンパクトなものを。

全部しまうのはムリでも、揃えてあればOK

4 靴は、一人一足まで


理想は、履物が何も出ていない玄関ですが、現実的にはなかなか難しい…。
そんなときも、「必ず揃える」ルールだけでも徹底すれば、「引越し中の玄関」から「法事の日の実家」くらいには進化します。
「揃える」に慣れたら、「出しておいていいのは、一人一足」にステップアップ。
余計な靴をしまっておくためには、下駄箱の中身をチェックして、履かない靴を一掃しておくことが最優先事項です。