2006年もすでに「暮れ」。お世話になった方や親しい方に、手づくりの手みやげをお持ちするのに、おしゃれでエコな「風呂敷」はいかが?

ラッピングは「風呂敷」で

基本の包み方、覚えておけば便利ですよ!

今年、手ぬぐいと並んでちょっとしたブームを巻き起こした風呂敷おしゃれなデザイン、素敵な柄のものがたくさん出回っています。せっかく手づくりした手みやげ、紙袋じゃなくて、風呂敷に包んでお届けしてみましょう。
ここでは、ごく基本の3種類の包み方をご紹介します。簡単だけど持ちやすく、とっても華やかなんですよ!

基本の「お使い包み」


テリーヌのような崩れやすいものでもしっかり持てる、基本の包み方がコレ。

1 箱を中央に置く


2 角を押さえながらきっちり上下を包む


3 左右の端で本結びにして、出来上がり!