キレイに見える、たくさん吊るせる

ジャケット、コート類は全部同じハンガーに。厚みが欲しいときはタオルなど巻いて使う


ブティックのディスプレイって、シンプルで素敵ですよね。家でもあんな風に、美しく収納できたらな~、って思いませんか? それなら、ハンガーを同じものに揃えてみましょう。ほら、ブティックなら、自店のオリジナルハンガーを全商品に使っているでしょ? あれが、全部違う色・違う素材のハンガーだったら、あんなに素敵には見えません。

もちろん、現在使用中のハンガーも、それぞれの理由があって使っていることと思います。冬の厚手のコートには、肉厚のハンガー。スーツ用のクリップ付きハンガー。パンツやスカートの専用ハンガー。でも、全種類違うハンガーだと、何だかクロゼットが雑然として見える‥。



どんなハンガーを使えばいい?

気をつけたいのが、「買ったときついてきたハンガー」をそのまま使っているケース。店によって、ハンガーの色や素材はまったく違うので、そういうハンガーが集まると、見た目もゴチャゴチャするし、肩の厚みや角度が合わないので、服がうまく重ならず、収納したとき窮屈になってしまうことも。



服が滑らないドイツ製 6本2940円(税込)薄いけど型崩れしない 9本2100円(税込)



ハンガーを全部取り替える必要はありませんが、「同じ種類の服には、同じハンガーを」「種類は違っても、ハンガーの色は統一する」といったルールを設けてみましょう。クリーニング店の針金ハンガーだって、色さえ揃えれば、見た目は随分スッキリしますよ。さらに、「ハンガーの向きを揃える」ことを徹底すると、見た目もキレイだし、収納量もアップするはず。



*関連リンク*
  • 「シンプルなおしゃれ」‥‥少ないモノで暮らしたい
  • ガイド記事「暮らしシンプル化計画 ”移し変え”で生活感が消える!」‥‥こちらもどうぞ
  • 素敵なハンガーを探すなら!ハンガーのながしお
  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。