派手なパッケージは要らない

スプレーボトル、ソープディスペンサー、ティッシュケースなど、詰め替え用各種容器


お風呂場ならボディソープやシャンプー、リンス、トリートメント。キッチンには台所用洗剤やクレンザー。リビングにはティッシュケース。どれも、派手なボトルや箱に入っています。その色とロゴは、店頭で自己主張していたときと同じ強さ。これじゃあ、家の中だかコンビニだかわかりません。

一つひとつのデザインは決して悪くなくても、たくさん集まるとゴチャゴチャするのがパッケージ。派手なデザイン同士がぶつかって、空間を居心地悪くしていると感じたら、こういうモノはみーーんな、自分好みのディスペンサーやケースに入れちゃいましょう! それだけで、スッキリ居心地のいい空間のできあがり。

ティッシュの紙箱って派手‥
出して使うとラップの紙箱も目立つもの


箱のままより使いやすい
店頭で目立つものは家の中でも目立つ


ディスペンサーを探す楽しみ

シャンプーや洗剤はプラスチックのボトルに。洗面所のリキッドソープはステンレスや陶器のディスペンサーに。トリートメントは食品用のジャーに入れてもいいでしょう。専用の容器以外にも、いろいろな容器をアイディアで使います。きれいなもの、自分好みのものを探す楽しみも味わえますね。色やデザインを場所ごとに統一したり、無地などシンプルなものを選べば、さらにスッキリ空間に。

ディスペンサーやケースが用意されていれば、「詰め替え用」など、簡易なパッケージのものが選べます。ゴミも少なく、環境にもベター。いろいろなものを「移し変える」だけで、ずっと自分らしい空間が作れますよ。


*関連リンク*
  • 「モノを減らす方法」‥‥少ないモノで暮らしたい
  • ガイド記事「ストックを持たない暮らし」‥‥こちらもどうぞ
  • 素敵な雑貨を探すなら!All About『雑貨』
  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。