それでは気になる待機電力の大きな機器ワースト3を見ていきましょう。

◆第3位◆ HDD・DVDレコーダー、プレイヤー

年間消費電力 14kwh
年間電気代 308円

◆第2位◆ ビデオデッキ

年間消費電力 12kwh
年間電気代 462円

第2位、第3位はAV機器です。その要因は、やはり待機時間が長いことに尽きるでしょう。こうした機器は実際使用される時間は1日平均約1時間。残りの23時間は待機時間と言われています。ですが、タイマー予約などが必要な場合が多く、プラグを抜くことは難しい機器が多いのです。

ですから、こうした製品は購入する時から待機電力が少ない機器を選ぶようにしましょう。無操作状態が続くと自動的に電源が切れたり、省電力モードを選択できるなど、待機電力を少なく抑えられる機種が多く出ています。高画質、多機能といった機能面ばかりでなく、製品を選ぶ時には待機電力のことにも注目して購入するように心掛けたいですね。

さて、いよいよワースト1です。

◆第1位◆ ガス給湯器、風呂釜

待機電力
給湯パネルのスイッチは切りましたか?
年間消費電力 23kwh
年間電気代 506円

AV機器をおさえての第一位は給湯器でした。
省エネルギーセンターの実測調査による給湯機器全体の待機電力量を見ると、1世帯当たり年間49.2kwh/年となり、その金額は年間約1,100円にもなります。

ガスの給湯器などはガス製品だから待機電力は関係ない、と思っていませんか?給湯パネルのスイッチが一日中つきっぱなしというご家庭も多いのではないでしょうか。

こうした給湯器についても、近年はAV機器同様待機電力をおさえた機種が多くなってきていますが、使わない時には必ずスイッチをオフにするようにしっかり習慣を付けるようにしましょう。


出典:省エネルギーセンター「平成18年度 待機時消費電力調査報告書」
文中データ:1kwh=22円試算



■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。