同メーカーサイズ別比較

前ページでは冷蔵庫のサイズ別平均値で比較してみましたので、今度は同じメーカーの製品で、サイズが違うとどの位消費電力が異なるのかを表にしてみました。
図表
 

図表
 

図表
 

やはりどのメーカーの製品も、200Lクラスの冷蔵庫より400Lクラスの冷蔵庫の方がはるかに消費電力が少なく、電気代が安くなるようです。

買い変えの効用

上記の表のように、同メーカーでも400Lクラスのサイズが圧倒的に電気代が安いことがお分かりいただけたかと思います。それでは、現在200Lクラスの冷蔵庫をお使いのご家庭が、400Lクラスの冷蔵庫に買い換えた場合に、年間どの位電気代が節約になるかを見てみましょう。

例:Aさんご夫婦の場合
ご主人Aさんは5年間の一人暮らし生活を経て2年前に結婚。結婚後も夫婦共働きということもあり、それほど大きな冷蔵庫の必要性を感じないため、現在も一人暮らし時代から使っていたS社製215Lの2ドアの冷蔵庫を使用中。
■現在使用中の冷蔵庫
S社製1998年式
容量・・・215L
ドア数・・・2
年間消費電力・・・576kwh/年
年間電気代・・・12,096円

上記の冷蔵庫を、同メーカーで最新の400Lクラスの冷蔵庫に買い換えた場合に、年間どれだけの節約になるか比較してみます。

■同メーカー最新の400Lクラス冷蔵庫
S社製2005年式
容量・・・438L
ドア数・・・5
年間消費電力・・・150kwh/年
年間電気代・・・3,150円

年間電気代の差は8,946円ということになります。



冷蔵庫のサイズによる電気代の差、いかがでしたでしょうか。小さい方が電気代が掛からない、と思っていらした方にはかなり衝撃だったのではないかと思います。

もしも今現在「電気代が高くなりそうだから」と大きな冷蔵庫に買い替えることを躊躇している方や、買い替えを検討していてできれば小さな機種にしようなんて考えてらっしゃる方は、電気代がどの位掛かるのかをよく比較検討して購入されることをおすすめします。


冷蔵庫は大きさだけでなく、年式によっても大きく電気代が変わります。
こちらの記事も合わせてご覧下さい。⇒冷蔵庫消費電力の真実【年式編】

【関連リンク】
電気代の節約
冷蔵庫の正しい使い方
省エネ「-6%」のための6箇条


【ご注意】
現在、冷蔵庫の消費電力量表示については「実測値とは異なるのではないか」という論議があり、今後JIS規格の改定なども検討されています。
こちらの記事に付いてはあくまで省エネルギーセンターで2005年2月現在公表されているデータに基づいて作成させていただいておりますので、どうぞご了承下さい。
参考資料:
家庭用電気冷蔵庫の消費電力量の試験方法に関するJISの改正について

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。