こんな国際交流もある(5) 参加費お得!国際交流プログラム」で取り上げた内閣府主催の青年国際交流事業について、ユーザーのYさんから、こんなメールをいただきました。

平成16年度内閣府青年国際交流事業、第17回世界青年の船に参加してまいりました。出発前に世界青年の船について調べていたときに、ここに行き当たり参考にさせていただいたのを覚えています。43日間という期間でしたが、日本人青年120名、外国人青年140名、13ヵ国から集まった青年たちとの交流は、大変すばらしく、わたしにとっても生涯忘れることのできない思い出となり、たくさんの仲間を得ることができました。このような、事業が如何せん、世間に認知されていない現実があり、わたしたち17回参加青年も、一般に認知されるよう普及活動に力を入れています。

そうなんですよね。自己資金約20万円で、6週間余りの船旅をしながら、世界各国の若者と語り合い、たくさんの友達を作る――そんなめったにないチャンスを知らない人が多いのは、とっても残念な気がします。

そこで、今月は「世界青年の船」プログラムの詳細を徹底解剖! プログラムのガイド役を引き受けてくださったのは、第17回世界青年の船で日本のサブ・ナショナルリーダーを務めた村本由香さんです。参加したことがない人が抱く「ソボクな疑問」にお答えいただきつつ、政府のおカタい募集要綱だけではうまく伝わってこない実態や魅力にせまってみましょう。村本さんには、別途「海外でやりたかったコレを実現!インタビュー(12)  世界10数ヵ国の仲間と船上生活」で、個人的な体験も語っていただきました。

<第17回世界青年の船概要>
世界青年の船参加者

日本、オセアニア、中近東、アフリカ、ヨーロッパ、北米、南米地域など13ヵ国の青年が、船内で共同生活し、共通課題の研究・討論、各国事情の紹介、クラブ活動、スポーツ、レクリエーションなどの各種交流活動を行いながら、オーストラリア、フィジー、ニュージーランドを訪問。訪問先では、その国の青年との交流活動や、関連施設の見学などを行いました。日程や訪問国は変わりますが、プログラムは毎年実施され、参加者は一般募集されています。

派遣時期:
平成17年1月19日~3月2日
期間:
43日間
訪問国:
オーストラリア、フィジー諸島共和国、ニュージーランド
参加人数:
日本を含む13ヵ国約260人
個人負担経費:
約20万円

どんな人が参加してる? 気になるその実態は?>>