愛され続けている冒険物語「西遊記」


孫悟空、猪八戒、沙悟浄という3人(3匹?)の妖怪が、高僧三蔵法師を護衛しながら、ありがたいお経を求めて天竺を目指す…このワクワクする冒険談は現在も多くの人に愛されています。
つい先日まで放映されていたフジテレビ系列の「西遊記」も、香取慎吾さん始め豪華なキャストが大勢登場し、高視聴率をマークしていましたね。

関連記事:●月9ドラマ「西遊記」のロケ地を行く!

西遊記の登場人物・三蔵法師と孫悟空・猪八戒・沙悟浄
西遊記は、ストーリーの面白さもさることながら、お師匠さんである三蔵法師と孫悟空・猪八戒・沙悟浄のキャラクター設定と関係性も大きな魅力ですね。
さて、その「西遊記」は中国の古典です。
外国の物だと全然意識しないほど日本人の我々が親しんできた物語ですが、多くの人はドラマや絵本で楽しんだだけで、ストーリーの一部、または物語の断片しか知らないのではないでしょうか?

また、多くのドラマでは演出などの関係で独特のアレンジが加えられているものも多く、【西遊記】と銘打っていても、原作とはかなり内容が違う場合も少なくありません。

ドラマや映画もイイですが、原作も読んでみませんか?
活字は、ドラマのように視覚を刺激されたり、感動的な音楽が盛り上げてくれたりすることはありませんが、想像力を駆使して、自分だけの世界で物語を楽しむことができます。自分の想像力が生み出した脳内映画は、既製品には及ばない大きな感動を与えてくれるかもしれませんよ。
原作のエピソードが、ドラマや映画ではどのように料理されているかを観察するのも、また一興です。

「西遊記」原作について、ほんの少しご紹介しましょう。
まずは原作にまつわる基本データなど。