【語学力は階段状に上がって行く】

-もう少し具体的な勉強法を教えてください。

まず書店に行って、目についたテキストをドサッと買ってくる。極端に言うとピンインさえ載っていればどんなテキストでも買う、という感じで手当たり次第に。で、とりあえず1冊始める。語学って、直線的に右肩上がりにうまくなるものじゃないと思うんだよね。ある段階まで来たら壁が来る。しばらく壁の前でもがいているとある日ストンと上の段に登れると思う。
だから最初のテキストをしばらくやると壁にぶつかって先に進めなくなるんだよ。
そしたら俺はとりあえずそのテキストを使うのは辞める。それで次の本を最初からやるのね。
そうすると気分も変わるし、一度勉強したレベルのことをもう1度やるわけだからスイスイ進んで気分がいい!
前のテキストで壁にぶつかった時の気持ちはもう忘れちゃって「俺ってもしかして天才かも?」なんて楽しくなってくる。
で、また壁にぶつかったらテキストを変える。
こうやって、だいたい5冊くらいのテキストをぐるぐるとっかえひっかえしながら勉強を続けていって、階段を少しずつ登っていったよ。


【寝ても覚めても中国語!】

勉強を始めてから1年間くらいはそんな感じでどっぷりとハマってました。当時は中国熱におかされてたね。中国語の勉強をしてるか、中国のことを考えているか、とにかく寝ても覚めても中国、中国。中国人の友達とばっかり一緒にいて、ずっと中国語。ポケット辞書をいつも持ち歩いて、つまったらすぐ調べる。覚えたらすぐ喋る。新しい言葉はすぐノートに書く。そのノートは自分専用の単語帳兼辞書として大活躍したよ。
中国人の友達は、俺が少しでも中国語を喋るとすごく誉めてくれるんだよ。そうするとこっちも嬉しいし、もっと喋れるようになりたくなるよね。

-もっと詳しく知りたい!というわけで続きます。