中世の姿がそのまま現存する町、プロヴァン

シャテル広場
木組みの家々が中世の雰囲気を作り出す
2001年に世界遺産に登録されたプロヴァン(Provins)は、12~13世紀に最も繁栄した町。それ以降はだんだんと衰退して行きましたが、逆にそれが功を奏して中世そのままの街並が残されている貴重な場所です。

パリからプロヴァンへは、 直通の電車で1時間20分。気をつける点がいくつかありますが、それをクリアすれば、簡単・ラクチンに行けます。ちなみに南仏のプロヴァンスとは全く別の町です。

<記事index>
  • 中世がそのままそこに……P.1

  • パリから電車で1時間20分……電車での行き方と準備編……P.11


写真をクリックすると次の写真に進みます
チボー通り
坂道が少々きつくなったときに出会える絶景

 

プロヴァンは西側の旧市街(Ville Haute)と東側の新市街(Ville Basse)に分けられます。今回は旧市街をご紹介。プロヴァン駅から歩いて10分ほどで、旧市街の入口にある「地下道と市立病院」が見えてきます。そして、長い上り坂道「サン・チボー通り(rue st.Thibaut)」にさしかかり、中腹あたりでは、奥に「コンドリエル修道院(le Coubent des Cordelieres)」をひかえた町並みを見下ろす事ができます。