【連載第1回】少女にとって恐ろしい日々の始まり「出会い系サイト~少女の誤算」
【連載第2回】大人のテクニックにはかなわない「出会い系サイト~男の手練」
【連載第3回】拒絶は、男の気持ちに火をつけた「出会い系サイト~少女の拒絶」
【連載第4回】男は、ついに少女の身元を割り出した「出会い系サイト~男の執念」
【連載第5回】名前を知られた少女の衝撃と絶望「出会い系サイト~少女の後悔」
【連載第6回】最終回・法律は見逃さない!裁かれる男「出会い系サイト~男の代償」
 を先にご覧下さい。


6月某日都内某所にて、会社員の男女4名にお集まりいただいて、「出会い系サイトについて」座談会を行いました。[全3回]

~参加された皆様~
A子さん (女性32歳)健康関連
B子さん (女性25歳)英会話関連
C夫さん (男性30歳)出版関連
D介さん (男性28歳)音楽関連
ナビゲーターは私、佐伯です。



記事について

佐伯  ちょっとまだ、A子さんとC夫さんの到着が遅れていますので、雑談などを(笑) えー、お二人とも私の記事「出会い系~」を読んでくださっているんですよね。

D介さん  もちろんですよぉ。

B子さん  読みました。毎回ワクワクでした。

佐伯  ありがとうございます。なんかあっさり終わってしまいましたが(笑)

D介さん  いやー、感涙モノでしたよ。とくにあの母と娘のところがよかったです。親子愛というか。

B子さん  そうそう。感動しました~。親子は大事。愛は大事

佐伯  そこを実は言いたかったんです。母親が届け出たのは事実の通りなんですが、やりとりについてはフィクションです。

D介さん  毅然と対処できるステキなおかあさんで。ウチのおかんだったら、まず無理。うろたえちゃうだろうな(笑)

B子さん  あー、ウチの母もダメですね。「あなたはウチの子じゃありません!」なんて、言われちゃいますよ。絶対。「勘当よ!」とか(笑)

援助交際、どちらが悪い?

佐伯   「援助交際」などという言葉があるわけですが、つまりは“売買春”です。よく「買うほうが悪いのか、売るほうが悪いのか」と議論されるところですが、どう思いますか?

D介さん  うーん、そりゃー、買うほうが悪いでしょう。

B子さん  そうですよねー。どう考えたって。大人なんだし。