ヘナってどんなもの?

天然のカラーリング剤として人気のヘナについて解説します!

天然のカラーリング剤として人気のヘナについて解説します!

天然のカラーリング剤として、日本でも愛用者が増えているヘナ。とはいえ、まだまだ「本当に髪が染まるの?」「使い方が難しそう」といった疑問・誤解も聞かれます。今回は、ヘナについての基礎知識をお届けします。

<目次>  

ヘナは植物を使った染料

ヘナ
「ヘナ」の元となる植物は熱帯地方に多く自生しています<写真提供:バイオテック>
ヘナとは、インドや中近東などの熱帯地方に多く自生する、ミソハギ科シコウカ(指甲花)という植物を粉末にしたもの。昔から儀式などで髪・爪・手足に彩色するための染料として使われており、クレオパトラがヘナを使って爪を染めた、という逸話もあります。

インドの女性が額につける赤い印(ビンディ)にも、ヘナが使われているそうです。また、アーユルヴェーダ(=インド伝承医学)では、“薬草”としての長い歴史もあります。
 

ヘナの色素成分で髪が染まる

ヘナって何?
ナチュラルヘナのパワーで、髪もココロもイキイキ!
現在のカラーリングは、化学変化によって染料を内部に定着させるものです。髪の色素を薄くしたり、タンパク質の結合力を弱めたりと、どうしても髪に負担がかかってしまいます。ヘナには、ローソニアという色素成分が含まれており、髪の主成分であるケラチン(=タンパク質が線維状につながったもの)にからみ付く性質があります。この作用で髪がオレンジ系に染まります。
 

ヘナにはさまざまな効果が!

ヘナならカラーリングしながら、トリートメントもできる

ヘナならカラーリングしながら、トリートメントもできる

ヘナは白髪には色が入りやすく、白髪染めとしては最適です。ただ、髪の色素を薄くする効果はありませんので、極端に黒髪を明るくすることはできません。少し色味が変わり、自然な髪色に仕上がります。

ヘナにはトリートメント効果があります。ヘナがタンパク質と結合する時、髪の表面にもからみ付いて薄い皮膜を作って髪の表面を覆い、髪内部の保水力を高めます。トリートメント効果により、ヘナを使っていくうちにハリ・コシがでて、クセ毛も軽減する効果があります。紫外線のダメージからも守ってくれます。カラーリングしながら、トリートメントもできるため、髪を傷めたくない方におすすめです。

また、ヘナはアーユルヴェーダで使われる“薬草”で、毒素排出・炎症抑制・新陳代謝を良くする効果があると言われています。頭皮につけることにより、頭皮環境を整え、健康な髪を生み出す効果が期待できます。
 

ヘナを使う際の注意点

ヘナケアの注意点
ナチュラルヘナは天然成分。髪と頭皮にマイルドでやさしい発色です
ヘナは天然成分なので、身体への安全性が高いものです。ただ、天然成分ならではの注意点もあります。
 

ナチュラルヘナとケミカルヘナ

葉の部分を乾燥させ、粉末にしたものを「ナチュラルヘナ」と呼びます。ナチュラルヘナは100%天然の植物なので、産地や収穫時期によって発色が異なります。髪の質によって、色が強くでる場合もありますし、色が出にくい場合もあります。

鮮度によっても発色が左右されます。新鮮なヘナはウグイス色で、抹茶のような香りがします。匂いがおかしい、発色が悪いという場合は、古くなっていることが考えられます。なるべく新鮮なものを使用しましょう。

ナチュラルヘナ1回では発色しにくいため、3~4回続けて使用する必要があります。髪が傷んでいると、1回目は髪がきしんでしまうことも。1回でやめないで、続けて試してみてください。

実は、「ヘナ」と書かれてある商品はすべて天然成分で安心、というわけではありません。ナチュラルヘナは発色が安定しないため、化学成分が配合されているものがあります。これはナチュラルヘナと区別して、ケミカルヘナといいます。次の成分が配合されていないか、商品をよく確認してみてください。

【パラフェニレンジアミンなどの酸化染料】
白髪染めやカラーリング剤に使用される酸化染料が入ったものです。ナチュラルヘナに比べて発色が良く、さまざまなカラーが作れます。白髪染め・カラーリング剤よりも髪や頭皮にやさしいですが、かぶれるなどのアレルギー症状が出る場合があります。

【ピクラミン酸ナトリウム】
日本では、ピクラミン酸ナトリウムをヘナに混ぜることは禁止されています。ナチュラルヘナより発色が良くなるため混入されるのですが、医薬部外品の成分のため表記義務がなく、「ナチュラルヘナ」として発売されているケースがあります。軽いアレルギーが出る場合がありますので、「ナチュラルヘナなのに発色が良すぎる」というものには注意が必要です。

【2-アミノ-6-クロロ-4-ニトロフェノール】
化粧品などに使用される染毛料の成分。発色度は上記2つよりも劣りますが、刺激は少ない成分とされています。アレルギーが出る場合があるため、注意が必要です。
 

生理中、妊娠前期は使用しない

効果でご紹介した通り、ヘナはアーユルヴェーダで使われる“薬草”。そのため、身体に思わぬ効果が現れる可能性があります。生理中(貧血状態になるため)や妊娠前期は使用しないでください。妊娠中は安定期に入ってから使用しましょう。
 

パッチテストを行う

ナチュラルヘナでは、まれに植物に対するアレルギーが出ることもあります。体質的に不安がある方は、使用前に必ずパッチテスト(腕の内側のやわらかい部分につけて放置し、翌日赤くなっていないか様子をみる)をしましょう。

前述のように、ナチュラルヘナと記載されていても、ケミカルヘナである場合も考えられます。パッチテストを行っておけば、アレルギーなどの不安も解消できます。

ナチュラルヘナは天然素材のため、身体への安全性が高く、髪や頭皮にやさしいといえます。使ってみたいと思った方もいらっしゃることでしょう。使用方法などは、また別の記事でご紹介いたします。

  ヘナの使い方! 白髪染めやカラーリングできれいな髪に
白髪が生えてくるのはなぜ?女性の白髪が増える理由
手ぐしだけでは効果ない!へアブラシで髪を正しくお手入れ・頭皮ケア
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。