児童買春・児童ポルノ禁止法


1999年11月1日に「児童の権利擁護を目的とした児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律」が施行されました。

▼児童買春をした者は→3年以下の懲役又は100万円以下の罰金

▼児童買春を周旋・斡旋した者は→3年以下の懲役又は300万円以下の罰金(周旋を業とした者は5年以下の懲役及び500万円以下の罰金)

▼児童ポルノを頒布・販売・製造等をした者は→3年以下の懲役又は300万円以下の罰金

▼児童買春等の目的で児童を売買した者は→1年以上10年以下の懲役

※これらの行為は、日本国民が国外で犯した場合も罰せられます。



▲この法律において児童とは→18歳未満の者をいいます。(第二条)

▲児童買春とは→児童等に対し、対償を供与し、又は供与の約束をして、児童に対し、性交等をすること

▲児童ポルノとは→ 写真、ビデオテープその他で、次のいずれかの姿態を視覚により、認識できる方法により描写したもの
1. 児童の性交等の姿態
2. 児童の性器等を触る行為等の姿態であって、性欲を興奮させ又は刺激するもの
3. 衣服の全部又は一部を付けない児童の姿態であって、性欲を興奮させるもの


※児童買春・児童ポルノ禁止法について知っていましたか?
あなたの一票【過去の一覧】で結果をご覧下さい。


■関連ガイド記事
  • オペレーション・オァ
  • 暑い夏の寒すぎる出会い
  • 「切り裂きジャック」の予感
  • 出会い系サイト~少女の誤算(全6回連載)


    ※ちなみに、「してやられる」とは?
    してやら・れる 【為て遣られる】
    (連語)相手の術中にはまる。だまされる。「彼女にまんまと―・れた」(大辞林第二版より)



  • ■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
    経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
    ※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

    【経験談例】
    40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
    モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
    W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

    ☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
    「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

    ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。