くさい
「この臭いいったいどこから漂ってくるの…?」「もしやアナタじゃ?!」  かく住まいの悪臭は夫婦仲をも危うくする…のカモ?!

「<住居内における臭気の3大発生源>とは即ち、トイレ・浴室・台所と言われています。

さて、この8月は何かと家を空ける機会が多い月かと思いますが、数日留守にしてから後、家のドアを開けた瞬間に、

「ムッ…」

と、やや不快な臭いに怯んでしまった方。
…存外少なくないと思われるのですが、お宅では如何でしたでしょうか?

今回は、そんな「ムッ…」を解決すべく、簡単にできる住まいの「夏ならではの(?)悪臭」対策をまとめました。快適な毎日への布石として、できるところから早速実行してみてください。




夏特有の「臭いのモト」を知る

先ほど挙げた<3大臭気発生源>も充分臭いのです。が、これに併せ、時節柄「夏特有の」不快な臭いのモト(根本)があります。
これには、以下の3つが挙げられます。

いわく、

1.from人体(汗、尿及び便)
2.from家電(排気、フィルター)
3.from廃棄物(生ゴミ、排水口)



1.from人体(汗、尿及び便)の悪臭対策

洗濯
臭って湿った状態で洗濯物を放置しないこと。まめに洗って干しましょう。

●「汗」による悪臭は、汗に含まれるタンパク質の微生物による分解が主原因!

・洗濯物……「洗濯物は、脱いだら、時間をおかずに洗って干す」こと。少量ずつでも回数を多く。
(あまりお行儀がいいとは言えませんが)夏の洗濯物に限っては「夜洗い・夜干し」もアリ

寝具類……できるだけ干す・空気を含ませるなどしてとりあえず「湿気を飛ばす」こと
シーツや枕カバー、タオルケットなど、洗えるものは天気のよい日に洗濯。

・ファブリック類……座布団、クッション、ソファカバー等も、天気のよい日には陰干し

トイレ
臭いのモトは飛び散った尿や便。予想外にホコリも溜まり易いトイレの掃除頻度は、できるだけ多めに。
・<トイレ>……掃除の頻度を、夏以外の「倍」に増やしましょう(他の季節は週に2回であれば、4回に)。便座カバーやトイレマットの洗濯の頻度も「倍」に。また、便器内のみならず床、壁も忘れず拭きます。

・その他……赤ちゃんの紙おむつや、ペットのトイレなども悪臭源になるので注意を。処理の際に「重曹」をひとつかみ、ゴミ袋に含ませると臭いが少なくなります。



>>>次ページ「2.from家電(排気、フィルター)の悪臭対策」