日本発シュークリームの専門店「ビアード・パパ」は、上品な甘さとサクサクした生地が人気を呼び、ハワイ上陸後、あっと言う間に多店舗展開中。ワイキキの一等地にできる「ワイキキ・ビーチ・ウォーク」にも入店する他、ワードセンターの正面にも座ってゆっくり味わえるカフェ風店舗をオープン。ハワイのみならず、全米やアジアにも勢いをつけて広がっています。

その勢いに乗るかのように去年はアラモアナ・センターに「パティスリー・ラ・パルム・ドール」が、そしてこの1月13日には、ワードセンターに「サチューラ・ケイキ」という日本資本のスイーツ・ショップがオープン。在住日本人や観光客のみならず、ロコにもクチコミで評判となっています。今回はこの2店舗をご紹介いたしましょう。

ヘルシー志向の軽いテイストで勝負「サチューラ・ケイキ」

Satura Cakes
早速ロコにも大人気。ダウンタウンのビジネスマンが訪れるハーバーコート店。
南青山「アニバーサリー」と提携して全米で高級ケーキショップを展開する「サチューラ・ケイキ」が、カリフォルニアの2店舗に続き、2006年12月にホノルル・ダウンタウン店をオープン。1月13日には、ワードセンターの通り正面に2店舗目を開店、さらに4月にはロイヤル・ハワイアン・ショッピング・センターに3店舗目をオープン予定です。

健康志向の高まりによって、とくに甘みが強く、ヘビーなケーキは敬遠される傾向が出てきている中、サチューラ・ケイキは、日本風の軽くて甘みが控えめな上品な味のスイーツばかりをそろえて、アメリカに進出というわけです。ミル・クレープやモンブランなど、ハワイではあまり見かけない日本で人気の味もあり、在住日本人には嬉しい限りでしょう。

Satura Cakes
日本でお馴染みの種類から、ハワイらしい素材も取り入れたオリジナル・メニューも!
お持ち帰りのケーキの他に、日本ではホテルのレストランでしか味わえないようなアイスクリームとケーキの組み合わせメニューなども、カフェスタイルで提供(7~8ドル)。開放的な雰囲気のテラス席で軽食やデザートを楽しむことができます。現地らしさを出すためにトロピカル・フルーツやナッツ類を取り入れたり、コーヒーは本場コナコーヒーをそろえたりと、メニューにもこだわり、早くもロコの常連さんができてきているようです。

お店のデータ
■店名:「サチューラ・ケイキ」(Satura Cakes)ワード店
■場所:1200 Ala Moana Blvd, Bldg 6, Suite 601,Honolulu, HI
■各種ケーキは4~5ドル前後
■ダウンタウンのハーバーコート店も営業中