◆ 文章作成を代行する仕事

文字で表現することの多いネット世界では、文章を書くライティングスキルが売上に大きく影響してきます。

中には、「自分は文章作成が苦手だ」という人々もいることでしょう。けれども、商品写真やイラストを掲載しただけでは、物は売れません。

文章を読んでもらうことが不可欠なのです。書かれている言葉を理解、納得してから、見込み客は次の行動をおこすのです。

ですから、自分で文章を書けない、あるいは書いている時間的余裕がないという方は、執筆代行に文章の作成を依頼してみるのもよいでしょう。

また、逆に文章を書くのが得意な人は、仕事として執筆代行のチャンスがあるといえます。うまくうゆけばネットを介して受注、本業としてやってゆける可能性もあるのです。

執筆代行の「物書き屋」として活動する平野栄さんは、スピーチの原稿や社内レポートなど、各種の執筆代行をしていますが、その中でメインがメルマガ制作の代行です。

平野さんは、メルマガ発行について、以下のようにいいます。

メルマガを発行する上で一番怖いことが、発行する話題がなくなること。いわゆる「ネタ切れ」の状態ですね。

いくら構成案をしっかりと組んでいても、そこから時々外れてしまい軌道修正することが難しくなる場合があるのです。

そういったときに、逆にコチラから話題を提供しながらメルマガの配信が滞らないようにします。

それからやはり、見込み客が思うように集まっているのかどうか?ということに注意しています。反応が少なければ、メルマガの構成を変えることもあります。

単にメルマガを発行するだけにとどまらず、読者の動きを考えながらクライアントのメルマガからの「利益確保」を常に考えなければなりません。


物を書く作業をする人であれば、ネタを探すことは、いつもついてまわります。ネタがみつからないときは、けっこうなストレスになります。