nec Lavie

NECの2009年春モデルは昨年末に売れ筋モデルのLaVie Lを投入したが、それに続き、カラーバリエーション豊富な新モデルが一気に投入された。

LaVie Lも、上位モデルと下位モデルが追加されたが、LaVie C、LaVie N、ネットブックのLaVie Lightも新モデルが投入されている。

ソフトウェアが強化されたが、サービス面でも強化されており、従来NECダイレクトで対応していたカスタマイズを、店頭でも可能なプラスセレクションというサービスも開始している。

LaVie L

nec lavie l

従来モデルでは2ラインあったが、2008年末に登場したモデルから名称自体は統一された。
名称は統一されたが、インテル製CPU搭載モデルと、AMD製CPU搭載モデルの2ラインあるのは変わらず、筐体形状自体も従来モデルと同じ。

変わったのはカラーバリエーションやスペックで、CPUやメモリ、HDDの強化に加え、HDMI対応、無線LAN機能の強化などもあり、上位モデルではBlu-rayドライブに対応するモデルも用意されている。

低価格モデルは14万円程度から、最上位モデルでも21万円程度と、普通のノートパソコンを選びたい場合はこのシリーズから、予算と用途に合わせたモデルを選ぶのがいいだろう。
よくわからない場合は、2008年末に先行して発表されたLaVie Lを選んで問題はない。

LaVie L製品情報

LaVie C