ネットブック(Netbook)を購入しようとする方が、ソフトウェア面で気にしているのが、低価格でシンプルな構成と言うこともあり、OS以外にソフトが何も入っていないという点。
特に、一般ユーザーにとってワープロや表計算ソフトが入っていないと、ちょっとした仕事にも使用できないため、購入をためらってしまうようだ。

もしも、ネットを楽しむためのネットブックではなく、持ち運べる仕事マシンとして考えているのなら、20万円前後の高い方のノートパソコンを選んだ方が無難だが、それでも予算がないという場合もあるだろう。

そこで、特に一般ユーザーにとっては重要といえるオフィスソフトをなるべく安く購入する方法を考えてみたい。

マイクロソフト・オフィスを普通に購入する

もっとも普及しているオフィスソフトはマイクロソフト・オフィスだ。
一般的に必要とされれているのが、ワープロソフトのWordと表計算ソフトのExcel。最近は、プレゼン以外の目的の図版作成にも使われるプレゼンテーションソフトのPowerPointを必要とする方も増えている。

マイクロソフト・オフィスで、ワープロと表計算だけが必要ならOffice Parsonal 2007 は4.5万円ほど、プレゼンソフトも必要ならOffice Standard 2007は5万円ほど。
このように、ネットブックと同程度の出費が必要になる。

OpenOfficeなら無料