FSB (Front Side Bus:フロント・サイド・バス)

FSBは、CPUとチップセットを接続するバス(伝送路)だが、これは800MHzとなる。
FSBは800MHzだが、ベースクロックは200MHz。FSBとベースクロックの周波数が異なっているが、これは1クロックで1つの信号を送るところ、クアッドパンプ(Quad Pumped)という技術を使い、1クロックで4つの信号を送っているためだ。FSBは800MHzだが、これはベースクロックの200MHzをクアッドパンプで4倍にしていると理解するといいだろう。
このような技術を使う前までは、ベースクロックとFSBは同じでわかりやすかったが、似たような用語や単位をそのまま使っているため、混乱の基になっている。Megahertz(MHz)ではなく、MegaTransfer(MT)という単位を使った方がわかりやすいかもしれない。
クアッドパンプが使われ出したのは、2000年に登場のPentium 4から。

Intel Centrino Duo Santa Rosa
クアッドパンプ

Intel Centrino Duo Santa Rosa
ベースクロックとFSB

プロセッサ名ベースクロックFSB
1995Pentium60MHz~
1997Pentium II66MHz
1999Pentium III100MHz~
2002Pentium 4100MHz~400MHz~
2003Pentium M100MHz~400MHz~
2006Core Duo166MHz~667MHz~
2006Core 2 Duo166MHz~667MHz~

主なノートパソコン向けのベースクロックとFSB推移

倍率とは