SONYの2006年秋冬モデルが発表されたが、Core 2 Duoへの対応やビジネス向けノートPCのtype BXで15.4型ワイド液晶モデルの追加、type UのHDDモデルでもワンセグ対応など小粒な変更にとどまっている。

VAIO type BX

SONY VAIO type BX
VAIO type BX

ビジネス向け品と言うことでTPMセキュリティチップや指紋認証などにも対応し、セキュリティにもA4ノートだが、4:3の14.1型液晶に加え15.4型ワイド液晶モデルが追加になった。
BTOにも対応しCore 2 Duoなど最新のスペックに対応している。

VAIO type BX
VAIO type BX biz

VAIO type U

SONY VAIO type U
VAIO type U

VAIO type U

ワンセグ対応モデルはフラッシュ搭載VAIO type Uだけだったが、HDDモデルでもワンセグを選択できるようになった。
オーナーメードモデルのHDD版でもワンセグを選択できるようになっており、HDD容量などの選択肢も増えている。
キーボードを含め筐体には大きな変更は無い。

その他VAIOシリーズ

VAIO type F、VAIO type SでもCore 2 Duoを選択できるようになるなどスペックが強化されている。カラーを選べ、14.1型ワイド液晶でコンパクトなVAIO type F light、TVモデルの type F TVもラインナップされている。

VAIO type S
VAIO type S biz

VAIO type F
VAIO type F biz
VAIO type F light

Core 2 Duoを採用するなどスペックが向上しているが、Core 2 Duo自体は発熱が高くなり消費電力も多いので、熱く、バッテリ駆動時間が減る傾向にある。
内部構造は改良されているだろうが、筐体はそのままCore 2 Duoを搭載するということで、そのあたりを注意して機種選びをしていただきたい。

VAIOパーソナルコンピューター新製品発売のご案内
VAIOビジネスパーソナルモデル新製品販売のご案内
SONY VAIOノート 2006年夏モデル




投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。