勉強熱心な生徒が多い、浦和明の星女子中学校

浦和明の星女子中学校の設立母体は、カナダを本部に置くキリスト教カトリックの聖母被昇天修道会。同修道会は1937年に青森の地にて青森明の星高校を創設、さらに1967年に浦和の地に浦和明の星女子高校を開校、2003年に中学校を開校し中高一貫教育を開始した。

イエス・キリストの教えに基づき、校訓を「正(正しく):真に価値あることを選ぶ人間」「浄(浄く):本物の自分をめざす人間」「和(和やかに):思いやりの心をもつ人間」とし、「Be your best and truest self. 最善のあなたでありなさい。そして、最も真実なあなたでありなさい」がモットー。すべての生徒が自分の力を発揮し自分らしく生き、「自己実現」できるようレベルの高い教育を行っている。

校舎付近は田んぼもある自然環境に恵まれた立地。広々とした敷地には温水プールを備えた第2体育館、美しいチャペルなど施設・設備も充実している。こうした環境のなか、生徒一人ひとりの自主性が尊重され、「自己実現」に向けて自ら努力する強い女性となることが求められる。生徒もしっかり型タイプが多く、勉強熱心。

2006年より高校の募集を停止し、完全中高一貫校となった。

国が定める基準を大幅に上回り授業時間を確保

先取り教育を行い、中2までに中学の学習内容を終える。理数教育に力を入れ、数学はオリジナルのテキストを使用し高い実力を身につけ、理科では実験や観察を多くし、実証しながら科学的な理解を高めていく。2学期制・週5日制で中学校は毎日6時間授業、高校は毎日6時間授業に加え、週1回は7時間目も行い、国が定める基準を大幅に上回って授業時間を確保。英会話の授業は中学1年生から実施、クラスを2分割しネイティブ教員が指導する。宗教の時間は週1時間。

高校は2年生から理系・文系に分かれて受験対応の授業を行い、選択授業の多くは20~30人程度の少人数で実施。また、高校の外国語は英語演習やオーラル・イングリッシュなど豊富な選択科目に加え、高2ではフランス語も選択科目に登場する。