「コンセントを抜く」のは本当にお得?

コンセントの抜き差しは面倒!

節約術として一般的なのが、「コンセントを抜く」という技。 実践されている方も多いのではないでしょうか?

確かに、待機時の消費電力は、浪費そのものですので、カットしたくなります。

ところが、闇雲にコンセントを抜くのは考えものです。 なぜなら、最新のテレビは、待機時の消費電力が、0.03W/時と非常に低くなっていて、まるまる1年間(1日24時間、365日)待機したとしても、その電気代は、約6円です。 その3倍の0.1W/時としても、約20円に過ぎません。

この僅かな節電の為に、毎日、テレビを見る度に、主電源を切ったり、コンセントを抜くのは、気持ち的にも体力的にも非合理的と言えます。

結論: 効率を重視して、快適に節電!

10年くらい前のエアコンの場合、待機時の消費電力が10Wh(1年間待機すると1,930円)に達するものもあります。 つまり、コンセントを抜き、待機電力をカットするだけで、大きな節電効果が得られるのです。

結論として、各電気製品の待機電力量を把握し、コンセントを抜くもの、抜かないものを決めるのが、快適さを損なわない、賢い節電法といえるでしょう。

また、家事をしながら、テレビを「・・・ながら見」するのも、控えたいものです。 せっかく、最新の省エネ液晶テレビに買い替えても、無駄をしていては、節電効果が充分に得られません。

近い将来、LEDバックライトによる、さらに節電タイプの液晶テレビが登場予定です。 数年後に主流となるであろう、有機ELFEDは、もう一歩進んだ省電力が期待されています。 当オーディオ・ビジュアルサイトでは、画質や音質だけでなく、AVの「節電」についても、レポートしていきたいと思いますので、お楽しみに!

 

関連記事

今さら聞けない液晶とプラズマの違い! 2008

人気記事「今さら聞けない液晶とプラズマの違い!」をリニューアル。 2008年夏の最新事情を盛り込んで、あなたの薄型選びをナビゲートします! あなたにピッタリなのは液晶? それともプラズマ?

手軽に高画質! TVの映像モードを使いこなす

映像の調整をした事がありますか? メーカーはあまり言いたがりませんが、実は、調整は非常に重要デス! その真実と、画質を引き出す使いこなし術をご紹介します! 費用もゼロ! 是非お試しを!TV



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。