気軽な仲間旅や一人旅におすすめ リーズナブルな宿

民宿スコトン岬
目の前の海にはゴマフアザラシも現れる。夏のシーズン中にはウニ漁も眺められる「民宿スコトン岬」
■ 民宿スコトン岬(礼文島)
最果ての海と風を感じる宿

「一番北海道らしいところはどこ?」と聞かれれば、私なら礼文島と答えます。北の最果ての花の島。冬は雪で閉ざされる岬のはずれの人気宿、「民宿スコトン岬」では、北海道の海と風を感じることができます。

民宿スコトン岬(冬季は休業)
住所:北海道礼文郡礼文町船字スコトン
TEL:01638-7-2878
料金:1万1550円~(1泊2食付 、2名一室の時の1名当り)
IN/OUT:15:00/9:00
アクセス:香深港から路線バス60分、スコトン下車徒歩1分


■ 美瑛ポテトの丘(美瑛町)
白い馬鈴薯の花に囲まれた丘に泊まる

大地と丘の空気が吸いたくなったら、丘の町、美瑛町の「美瑛ポテトの丘」へ。ユースホステルとペンションを兼ねるロッジとコテージは、まさに「美瑛の丘」の上。四期ごとに景色を変えるパッチワークの丘のドライブや散歩は最高です。

美瑛ポテトの丘
住所:北海道上川郡美瑛町大村村山
TEL:0166-92-3255
料金:5990円~(1泊2食付ペンション料金、1名当り)
IN/OUT:15:00/10:00
アクセス:美瑛駅から送迎車約6分(要予約)

■ ヴィラホテルフリーズ(斜里町)
開拓原野の森でバーベキュー!

そして、北海道らしい味わいといえば、海でも丘でもなく、実は「原野」にあると思います。草いきれのする原っぱに涼しい針葉樹の森こそ、北海道のアイデンティティ。そんな原野に泊まってみるのはいかがでしょう。自らの手で開拓した「ヴィラホテルフリーズ」で北海道の原点を楽しんでみるのも一興です。

ヴィラホテルフリーズ
住所:北海道斜里郡斜里町字豊里63-27
TEL:0152-23-5490
料金:1万2900円~(1泊2食付 、2名一室の時の1名当り)
IN/OUT:15:00~18:00/9:00
アクセス:知床斜里駅から約10km。公共交通機関なし。冬季のみ中斜里駅より送迎あり(要予約)

■ いわない温泉高島旅館(岩内町)
道民に支持される海鮮料理の温泉宿

おいしいものを食べたいというなら、道民にメジャーな宿を選ぶのも手。以前は島牧村で営業していた高島旅館ですが、現在は岩内で開業。札幌市民が足を運ぶ「いわない温泉高島旅館」は道内では有名です。ホームページはありませんが、数多くのブログ情報などが発信されています。

いわない温泉高島旅館(ホームページなし)
住所:北海道岩内郡岩内町野束505
TEL:0135-61-2222
料金:約1万1000円~(1泊2食付料金、1名当り)
IN/OUT:15:00/10:00
アクセス:札幌駅からバス210分、岩内バスターミナルより送迎車15分(要予約)


また、牧場や農家に泊まってみたいという方なら「ファームイン」から探してみても、おもしろい旅ができると思います。

ふらり「一人旅」なら、北海道に多くある「とほ宿」もおすすめ。相部屋のユースホステル感覚ですが、宿泊者から「いい宿情報」を得て道内をアドリブで泊まり歩くというのも、「もうひとつの北海道の楽しみ方」。機会あれば、試してみてはいかがでしょう。多くの友人ができるはずです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。