早いもので小学校入試シーズン真っ只中となってしまった。これまでの記事でたびたび書いてきたように、小学校受験ではある程度の準備期間が必要で、直前になってからできることはあまりない。受験生は十分な準備をしてきたことだろう。

ここで昨年までの入試から、合否のポイントはどこにあるのかリサーチしてみた。受験生は入試の直前にチェックしてほしい。来年以降の受験生は今から準備に取り掛かっておこう。

考査のポイント

採点の割合円グラフ
バランスのとれた子どもが好まれる
実際に行われた入試において、どのようなポイントが重要だったのかを関係者の話から検討してみよう。

<O小学校>
・採点のウエイトはペーパー60%+運動15%+生活面15%+面接10%
・問題を2度読む。先生の話がしっかり聞けるかどうか
・バランスのとれた子どもが望まれる

<T小学校>
・30分の集団テストを実施。指示行動に従えるか、協調性や社会性は備わっているかをチェック
・集団テストの内容は、軽い運動とグループに分かれて共同作業による課題制作
・個別テストも実施。その内容は「記憶」「数量」「常識」「図形」「巧緻性」の各分野から出題
・正解がひとつではない問題もある
・10分程度のグループ面接。難しいことは聞かない
・もちろん課題のできは点数化して客観的に見るが、取り組みの姿勢も加味する

<S小学校>
・「親子面接」「行動観察」「ペーパーテスト」「個別テスト」「運動テスト」で総合的に判断する
・バランスのとれた生徒、忍耐力のある生徒が望まれる

<R小学校>
・2日間にわたる考査を実施。1日目はグループで本の読み聞かせをし、その後内容について一対一で話を聞く。2日目は運動と折り紙などの作業をする
・知識よりも知恵や感覚、経験知(体験を通して身につけたもの)を見る
・コミュニケーションがきちんと取れるかも重要

<J小学校>
・身の回りのことが自分でできるか
・話を集中して聞けるか
・友達と一緒に行動できるか
・年齢相応の知的発達を達しているか
・お箸や鉛筆をきっちり持てるか
・選考にあたって、早生まれであることは考慮する
・通学時間は子どものペースで片道1時間以内であること

合否の決め手は4つ

これらに共通しているのは以下のポイントが重視されていること。

■年齢相応の知的発達
■年齢相応の身体的発達
■協調性
■集中力

確かにペーパー試験を課すところでは、知的発達が年齢相応よりは進んでいないと難しい。しかし抜群にできる必要はないのだ。受験生の平均以上であれば良い。ペーパーの力をさらに伸ばすよりは、身体的発達や社会的な経験による知恵を伸ばして、バランスのとれた子どもに成長させてやりたい。また、行動観察を重視する学校では、友達との関わり方や日常生活でのマナーなど社会性がチェックされる。

志望校の説明会や学校案内で、その学校が重視するポイントが強調されているはずだ。試験日を前に再度確認して入試に臨もう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。