最近の中学入試で増えてきた算数の問題がある。それは複数の可能性のある組合せから推理し、試行錯誤を繰り返しながら正解を導く形式のものだ。例えば「特選!中学入試問題ショーケース」で紹介している城北、武蔵、平安の算数入試問題などだ。これらの問題は従来の頭の使い方とは異なるので慣れが必要。この訓練に役立つ方法があるのでご紹介したい。

それがナンバープレースというパズルだ。別名「数独(すうどく)」、こちらはパズル通信ニコリという雑誌を発行している株式会社ニコリの登録商標だ。海外では"sudoku"として定着している。

ルールは簡単で
  • 空いているマスに 1-9 までのどれかの数字を入れる。
  • 縦・横の各列及び、太線で囲まれた3×3のブロックに同じ数字が入ってはいけない。(斜めについて数字の重複はあってよい。)
というものだ。下の図を見て頂きたい。基本の3×3のマスを示している。
ナンバープレース基本ブロック
9つのマスに1-9の数を埋めていく
欠けている数字はまだ使われていない「7」というのはすぐにわかる。では1つのブロックに2箇所の空きがあった場合はどうだろうか。下の図がそれだ。
ナンバープレース2マス空白あり
9つのマスに2マス空白あり
埋めるべき数字は「4」と「5」のどちらか。最上段のマスには右隣のブロックに同じ数字があるから5ではなく「4」を入れ、下段のマスに「5」を入れることができる。
ナンバープレース2マス空白あり解答
9つのマスに2マス空白あるときは、このように考える

難易度が上がると空白のマスが増えるのだが、2つのルールに基づいて埋めることができる部分からマスを埋めていき、最終的に全てのマスを埋めればよい。トライしてみれば分かるが、頭の中で様々な可能性を試して脳細胞がフル回転する感覚が生じる。お子さんと一緒に解いてみて欲しい。

簡単な例題を載せておく。
ナンバープレース例題
ナンバープレース9×9の例題

解答は次の通り。
ナンバープレース解答
ナンバープレース9×9の解答

パソコン用のフリーソフトも各種見つけることができる。検索エンジンで「数独 ダウンロード」を検索して気に入ったものを見つけて遊んでみてはいかがか。また携帯ゲーム機用のソフトもあるので、外出時にゲームをするならこれで遊ばせて見てはどうだろうか。楽しみながら算数の力をつけることができるはずだ。

【携帯ゲーム用ソフト】
ハドソン Puzzle Series Vol.3 SUDOKU 数独

Nintendo DS用の数独。300問が出題される。「易しい」「普通」「難しい」の3段階がある。

SCE カズオ

プレイステーション・ポータブル用の数独。こちらは1000問収録されている。一度解いた問題も、時間短縮を目指して何度もトライするのもいいのではないだろうか。

【おもちゃ】
タカラ kazzle?

タカラのナンバープレース専用ゲーム機。タッチペンなのでゲーム初心者にも取り組みやすいだろう。専用機はハード付でもゲームソフトより安価なのが魅力だ。

【書籍】
ニコリ (編さん) 数独 1 (1) ペンシルパズル本 6

角川文庫 ナンプレ中毒確実!! 脳を鍛える数字パズル


◆関連記事:特選!中学入試問題ショーケース
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。