預金・貯金

定期預金に100万円を0.2%で10年間預けたら利息はいくら?

三菱UFJ銀行では2023年11月6日から10年の定期預金金利を0.002%から、その100倍である0.2%に大幅に引き上げました。今回は定期預金に100万円を0.2%で10年間預けた場合の利息がいくらなのかについて解説します。

川手 康義

執筆者:川手 康義

ファイナンシャルプランナー / サラリーマン家庭を守るお金術ガイド

  • Comment Page Icon
<目次>

10年定期預金金利がこれまでの100倍の0.2%に

三菱UFJ銀行は11月6日から5年以上の定期預金金利を大幅に引き上げました。中でも10年物のスーパー定期預金の金利は0.2%となり、これまでの0.002%と比べると実に100倍の金利です。そのため他のメガバンクも追従し、定期預金金利を引き上げるのではないかと思われます。
三菱UFJ,10年,定期預金,0.2%

0.2%の10年定期預金が登場しました

定期預金の利息は複利型が有利です

そもそも、定期預金の利息には「単利型」と「複利型」がありますが「複利型」を選択する方が有利です。なぜならば「単利型」はもともとの元金にのみ利息がつくのに対し、「複利型」では利息にも利息がつくからです。例えば100万円を元金に金利0.2%で1年間預金すると、1年後には100万2000円となり、2000円は元金の100万円に対してついた利息です。

複利計算の場合、次の年は利息である2000円も含めた金額(つまり100万2000円)を元金として再び金利0.2%で預けることになるため、100万4000円ではなく100万4004円になります。4円は先ほどの利息である2000円についた利息です。このように利息にも利息がついていくため「複利型」の方が有利なのです。

100万円を金利0.2%で10年間預けたら利息はいくら?

それでは100万円を金利0.2%で複利型の定期預金に10年預けると利息はいくらになるのでしょうか。

前項で説明したように複利型の定期預金では1年後の「元金+利息の額」を次の年の新たな元金として計算していきますので、以下になります(1年複利の場合)。

●1年後:100万円(元金)+100万円×0.2%(利息)=100万2000円
●2年後:100万2000円(元金)+100万2000円×0.2%(利息)=100万4004円
●3年後:100万4004円(元金)+100万4004円×0.2%(利息)=100万6012円
 ↓↓↓
●9年後:101万6212円(元金)+101万6212円×0.2%(利息)=101万8144円
●10年後:101万8144円(元金)+101万8145円×0.2%(利息)=102万180円


100万円を金利0.2%で10年預けた場合、10年後の金額は合計で102万180円になります。そのうち100万円は最初の元金ですので、10年後の利息は2万180円になります。

なお利息には、満期時に所得税15.315%(復興支援税含む)、住民税5%、合計20.315%である税額4099円(2万181円×20.315%:1円未満切り捨て)がかかりますので、10年後の手取り利息額は1万6081円となります。

途中で解約した場合の金利はどうなる?

定期預金に預け入れしたものの諸事情で途中解約した場合、金利はどうなるのでしょうか。定期預金は、普通預金と違い一定期間預け入れることを前提に金利を優遇しています。そのため途中解約した場合、適用されるのは当初定められた金利ではありません。

例えば三菱UFJ銀行では、一部解約した場合であれば残額部分については当初定めた金利が適用されますが、解約した部分については「期限前解約利率」が適用されると定められています。

各行によって解約時の詳細は異なりますので、預け入れの際は確認しておくことをお勧めします。

使用予定のないお金は10年定期預金に預けた方がいい?

しばらく使う予定のないお金は10年定期預金に預けた方がよいのでしょうか。これについてはいろいろな角度からのご意見があるかと思いますが、筆者はその方の「リスク許容度」で考えるべきと思います。

「老後が近い高齢者」や「10年後に決まった額が必要」などの理由でリスクを取れない方や、「絶対に元本を割りたくない」と考える方は定期預金に預けてよいかと思います。一方で「老後まで時間のある若い方」や「積極的に資産を形成したい」と考える方などリスクを取れる方は、定期預金ではなく2024年から始まる新NISA制度(少額投資非課税制度)を利用し、積極的な資産形成にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

なお定期預金は投資商品ではないため、NISA制度、新NISA制度を利用しての預け入れはできません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は定期預金の金利が引き上げられたことを踏まえ、金利0.2%の定期預金に10年間預けた際の利息額や、預け入れるべきかどうかの考え方を解説してみました。メガバンクである三菱UFJ銀行が金利を引き上げたことで、他の銀行も金利を引き上げることが予想されます。

少しでも有利な条件で資産を形成できるよう、常にアンテナを張っておくことをお勧めいたします。

〈参考〉
三菱UFJ銀行
金融庁 新NISA制度
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます