フィンランドで教育実習しよう!
フィンランドはOECDが実施した学習到達度調査で学力世界1位にランク!
書店に行くと「へ~、こんなにたくさん出ているんだ!」と思ってしまうほど、フィンランドの教育を扱った本が出版されています。それに書籍だけでなく、雑誌やサイトなどでも、「フィンランドの教育」や「フィンランド式」「フィンランドメソッド」という言葉を見かけることが増えました。

なぜ、フィンランドなのでしょうか?

フィンランドは学力世界一!

フィンランドが一躍注目を集めたのは、OECD(経済協力開発機構)が実施した学習到達度調査PISA(Program for International Student Assessment)で学力が世界1位にランクされたからです。

PISAはOECDが2000年から3年ごとに行っている調査で、数学的リテラシー、読解リテラシー、科学的リテラシー、問題解決能力の4領域の知識と技能について調査するもので、もちろん日本もランキングに入っています。

ちなみに、2000年、2003年、2006年の調査で、日本のランキングは。。
  • 数学的リテラシー(1位→6位→10位)

  • 読解リテラシー(8位→14位→15位)

  • 科学的リテラシー(2位→2位→6位)


  • うわっ、なんと全ての分野で落ちています。一つの指標にしか過ぎないとは言え、日本、もう少し頑張ってくれ!いや、頑張ろう!

    ということで、最近はフィンランドに視察に行く教育関係者も多いそうですが、先日インターナショナル・インターンシップ・プログラムス(iiP)の方と話していましたら、「最近、フィンランドでインターンシップする方が多いんですよ!」とおっしゃっていたので、早速話を伺ってきました。

    >>フィンランドでインターンシップ>>