星野達彦さん
「留学カウンセラーの仕事は、留学経験や海外生活体験、語学力などが最も生きる仕事です。」
ガイド:
留学カウンセラーを志したい人へのアドバイスもお願いします。

星野さん:
留学カウンセラーの仕事は、留学経験や海外生活体験、語学力などが最も生きる仕事です。しかも、今から留学をしようと思っている人に、自分の体験を生かしてアドバイスができる。これは、留学を堪能した人にとって、そして人と出会うことが好きな人にとっては、天職にも成りうる仕事ではないでしょうか。

弁護士や医者などと違って、絶対にこの資格を取ればなれるというような資格や条件がない留学カウンセラーですが、この仕事に就くために、例えば下記のような経験は欲しいと思います。


  1. 留学のために自分で情報収集をする。

  2. 何社かの留学エージェントに相談をしてみる。

  3. 留学をする。(留学中はできるだけいろいろな経験をする)

  4. 留学前か留学後にバイトでもいいのでサービス業に従事する。

  5. 語学力を付ける。

  6. 旅行でもいいので、なるべく多くの国や都市を訪問する。


その上で、留学カウンセリングを行っている機関のホームページやパンフレットをよく研究し、自分に合う機関を探したり、求人がないかをこまめにチェックすることが大切だと思います。そして、求人情報が出たらすぐに必要書類を送付してみてはどうでしょうか。

ガイド:
星野さん、今日はありがとうございました。著書を読ませていただきましたが、留学カウンセラーという仕事の魅力がすごく伝わってきましたし、留学事業の細部まで書かれていて、私自身、改めて勉強になりました。

留学カウンセラーを志している方だけでなく、ちょっとでも留学カウンセラーという仕事に興味を持った方にはぜひ読んで欲しいですね。

【関連記事】
留学で得られる価値はプライスレス!

【関連リンク】
『こうすればなれる留学カウンセラー』
グローバルパートナーズ留学サポートセンター

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。