定年・退職のお金

今の勤務先の年収が200万円で、ダブルワークした場合、上乗せされる税金はいくら?

さまざまな企業で副業が解禁になっていることもあり「ダブルワークで収入を増やそうかな?」と思っている方が中にはいるかもしれません。そこで主たる勤務先の年収が200万円の場合、ダブルワークで収入が増えたらいくら税金が増えるのか、事前に知っておきましょう。

舟本 美子

執筆者:舟本 美子

おひとりさまのお金・ペットのお金ガイド

  • Comment Page Icon
さまざまな企業で副業が解禁になっていることもあり「老後のことを考え、ダブルワークで収入を増やそうかな?」と思っている方が中にはいるかもしれません。

しかし、ダブルワークで収入が増えれば、それに伴い税金が増えます。事前に税金のことを知っておきましょう。
年収200万円、ダブルワークをしたときの税金って?

年収200万円、ダブルワークをしたときの税金って?

年収約200万円の方がダブルワークをしたら、手取りはいくら増える?

今回のシミュレーションは、主たる勤務先で年収約200万円の方が、別の会社でアルバイトをして、月に4万~8万円の収入を得た場合で計算します。

なお、シミュレーションの前提条件は、以下4つです。
・40歳以上
・独身
・社会保険に加入(主たる勤務先のみで加入・ダブルワークの勤務先では加入対象外)
・給与所得控除、基礎控除、社会保険料控除のみを考慮


なお、年収200万円の、所得税は約2万5000円(年額)、住民税は5万5000円(年額)です。

●ダブルワークで「年収48万円(月収4万円)」の収入を得たら?
ダブルワーク先で、社会保険の加入条件に該当することなく、年収48万円(月収4万円)を得た場合の所得税・住民税は以下のとおりになります。

・所得税は4万3000円となり、年収200万円のときよりも1万8000円増えます。
・住民税は9万1000円となり、年収200万円のときよりも3万6000円増えます。
・手取りは203万円となり、年収200万円のときよりも43万円増えます。

●ダブルワークで「年収72万円(月収6万円)」の収入を得たら?
ダブルワーク先で、社会保険の加入条件に該当することなく、年収72万円(月収6万円)を得た場合の所得税・住民税は以下のとおりになります。

・所得税は5万1000円となり、年収200万円のときよりも2万6000円増えます。
・住民税は10万7000円となり、年収200万円のときよりも5万2000円増えます。
・手取りは224万円となり、年収200万円のときよりも64万円増えます。

●ダブルワークで「年収96万円(月収8万円)」の収入を得たら?
ダブルワーク先で、社会保険の加入条件に該当することなく、年収96万円(月収8万円)を得た場合の所得税・住民税は以下のとおりになります。

・所得税は5万9500円となり、年収200万円のときよりも3万4500円増えます。
・住民税は12万4000円となり、年収200万円のときよりも6万9000円増えます。
・手取りは246万円となり、年収200万円のときよりも86万円増えます。

ダブルワークをする前に、税金が増えることを考え、iDeCo(イデコ/個人型確定拠出年金)やふるさと納税など、打てる節税対策のことも知っておくとよいでしょう。
 
【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、アンケート(2024/2/29まで)を実施中です!

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※謝礼付きの限定アンケートやモニター企画に参加が可能になります
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます