こんなに広い奈良公園

奈良公園は、若草山や春日山原始林なども含む広大なエリアで、上り下りもけっこうあるし、バスも一部の道路にしか走っていないので、主に自分の足が頼りです。
奈良公園をのんびり歩いていると、この世の憂さをすっかり忘れます
・奈良公園詳細マップ
寺社だけでなく、県庁までもが奈良公園内にあります。

まずは奈良の象徴、東大寺を歩いてみましょう

写真で見ると大きさがわからないので、ぜひ実物を見て
東大寺はお堂ごとに拝観料が必要です。各お堂には何でもご存知の係の方がいるので、疑問があったら訊ねてみましょう。

・東大寺のホームページ
普段見られない秘仏などの開帳日も、ここでチェックできます。

■南大門
ここは拝観料なし。運慶快慶作の金剛力士像に圧倒されます。秋にはライトアップがあるので、ぜひ、夜にも見てください。

■大仏殿
大仏様(銅造盧舎那仏坐像)だけでなく、建物の壮大さにもご注目ください。堂内の木造如意輪観音や虚空蔵菩薩坐像も迫力たっぷりです。

■二月堂
お水取りで有名な舞台式のお堂です。内部には入れませんが、舞台の上から眺める奈良の景色が最高です。特に秋の夕暮れ時が素晴らしく、地元の人も夕日を見に集まります。

■三月堂(法華堂)
宝石いっぱいの冠をつけた不空羂索観音立像(ふくうけんさく)、日光、月光菩薩像ほか、数々の国宝仏像が並びます。大仏殿ほどは混雑しませんが、ゆっくり見るなら朝イチで行きましょう。

■四月堂(三昧堂)
立派な千手観音像があるのに、なぜかこのお堂は拝観料なし。お見逃しなく。

■戒壇院
大仏殿や二月堂エリアから少し離れたところにあるせいか、訪れる人は少なめですが、仏像マニアに人気のオトコマエ四天王がいるお堂。

■轉害門(てがいもん)
東大寺は、平安末期、平重衡によってほとんどの建物を焼かれてしまい、多くの建造物は鎌倉時代以降に再建されたものですが、この轉害門だけは、創建された天平時代そのままの建物で、たいへんな貴重品。しかし、国道沿いのバス停前という実にさりげない場所にあるので、見逃さないように注意のこと。
二月堂から眺める夜景。大仏殿の屋根が山のよう

次は春日大社に行きましょう

二月堂エリアから、手向山八幡宮などを眺めながら、春日大社に行きます。この八幡様は、東大寺建立の際に九州の宇佐八幡宮から勧進された東大寺の守り神です。二月堂から春日大社までは、1kmほど。

春日大社はかつては興福寺と一体となった藤原一族の氏寺(氏神)で、明治初頭の神仏分離令以降、寺と神社に分かれ、広大な敷地が奈良公園になったのです。今から1300年ほど前、茨城の鹿島神宮の神様であるタケミカヅチノミコトをこちらにお迎えした際、白い鹿に乗って飛んでこられました。現在、奈良公園に群れる鹿たちは、その子孫だということで、実は鹿島神宮の方が歴史が古いという、ちょっと驚きの事実もあります。

最後は興福寺で、阿修羅さんに会います

興福寺は、五重塔以外は何となく実態のつかみにくいお寺です。それは、明治の神仏分離令やその他のもろもろで、昔の建物があまり残っていないせいです。メインの建物である中金堂は、2010年の遷都1300年に向けて再建が進んでおり、完成の暁には、伽藍の様子がよくわかるようになることでしょう。

興福寺のホームページ
再建が進む中金堂などの様子がわかります。
興福寺の五重塔と東金堂
常時拝観できるのは次の2つ
■国宝館
人気爆発の阿修羅像をはじめとする国宝仏像がずらりと並ぶ博物館です。阿修羅さんは、2009年の9月までは九州におられますが、その後、こちらにお帰りになり、10月17日(土)から拝観できます。
■東金堂
薬師如来像、日光、月光菩薩、十二神将など、国宝、重要文化財クラスの仏像が並びます。

期間限定で拝観可能なお堂
■南円堂
基本的にご開帳は10月17日のみですが、昨年(2008年)は西国三十三ヶ所のご開帳の一環で、かなり長期間、開帳されていました。まばゆいばかりの不空羂索観音立像などが祀られています。
■北円堂
こちらは春と秋の一定期間、開帳されます。木造無著菩薩(むじゃく)・世親菩薩立像など、仏像マニア垂涎の傑作仏像があります。